FC2ブログ
2019. 06. 09  
修行のような遠征でマダイゲット3 (R1.6.8(土))

日曜日は、在所のお宮さんで水無月祓祭があり、宮委員をしている船長は準備~本番の仕事があって、土曜日の出撃となりました。

天気予報は、9時頃まで雨が残るものの、その後は晴れ。伏木の風向きのサイトで風の状況を確認すると、夜中は最大12mの風が吹いていたようですが、今は南の弱い風。
と言うような状況下で、少し北風の影響のうねりが残っているものの、なんとかなると判断し出撃。

しかし、朝 船をうかべると、タチウオ釣りの船は3~4艘いましたが、その他の船は全くいません・・・
今日は、出撃したらだめな日? と心配になるくらい船がいません(^^;)

でも、風が強いわけでも、雨が降ってるわけでも、波がそれほど高いわけでもないので船を進めました。
進行方向に、雨雲みたいなのが見えます・・・

近づくにつれて、雨が降り始め、雨雲の下になった時、強い風・強い雨にみまわれました。
船内に雨水が入らないようにシートで覆い、その中に入って船を進め、なんとかタイラバエリアまで到達しますが、雨風が強くてとてもじゃないですが、アイパイで船を止められる状況でないので、久しぶりにタイラバを試して見ることに。
しかし、船が風の影響で、がんがん流されてしまい底取りができません。

しばらく、がんばってみましたが、雨・風・底取りできないのでタイラバあっけなく終了。

こんな状況ですが、9時頃には雨が止むとの予報を信じて、いつものフカセエリアまで船を進めましたが、時速10キロくらいしかスピードがでない上に、風で船首が降られまっすぐ進むこともむつかしく、ポイントにつくまで時間がかかりました。

(ポイントエリアには、当船の他 2艘しましたが、いずれも大きなプレジャーボートです。)
雨が弱くなりましたが、風は相変らず強いままで、ダメもとでアイパイを投入しますが、風が強すぎてポイントロックすることができません(;;)

船外機でアシストしますが、これまた推力が大きすぎて、やっぱりポイントを外れるし、糸が絡みそうになりそうになるわで結局、アイパイでの釣りを断念。

こんな時、威力を発揮してくれるのが、パラシュートアンカーです。パラシュートを投入すると、うまく機能してくれて、時速1キロくらいで船が流れてくれました。
船が流れているので、錘をいつのも50号から80号に交換することで、なんとか底取りができました。

ポイントエリアの端から、船を流して釣りますが、やはりポイントエリアをはずれると魚が釣れなくなります。
ポイントエリアはずれて、いつもと違う魚釣れたり、新たなポイント見つけられないかと期待しましたが、全然だめでした。
やっぱり、ポイントにしか魚っていないということを再度 確認することとなりました。

雨が止み、空が明るくなり、風も弱まってきたので、アイパイ使えそうな状況となってきたので、マダイポイントでアイパイ投入すると3~6の範囲でスポットロックできました。
aaDSCF3061.jpg
本当は、完全フカセがしたくて遠征しているのですが、今回はあきらめ、毎度の天秤フカセです。
マダイメインなので、ロングハリスです。

それで、釣れたのはレンコ・レンコ・マダイ・レンコ・マダイでした。
マダイの時合いが過ぎ去った感がしてきたので、短いハリスに交換して、レンコ狙いに切り替えて、レンコ・レンコ・レンコ・アマダイ・カイワリ・レンコ・(エソ)と数釣りとなりました。

それなりに釣れたので、戻りながら鳥の動向を注視してジギングしてみましたがヒットせず。
そうこうしているうちに北風が強くなり、さらに黒い雲が追いかけて来たので、逃げるようにしてもどりました。

本日の釣果です。
aaDSCF3068.jpg
今回の釣行は、なかなかハードでした(^^) まさしく、やれやれといった感じです。
レンコダイはムニエルと酢漬けと刺身、カイワリ・アマダイは刺身、マダイと小さいレンコは塩焼きといった感じです。

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ トレーラブルボート釣りへ
にほんブログ村



にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
2019. 06. 02  
遠征でマダイゲット2 (R1.6.2(日))

本当は、土日ともに出撃するつもりでいたのですが、金曜日の晩に晩酌しすぎて、朝起きられず日曜だけの出撃となりました。
最近、3リットルで1,800円くらいのワインにはまっていて、冷やしたらさらに美味しくて飲み過ぎました(^^;)

今日も、釣り日和です。
快調に船を進め、あっという間に完全フカセエリアに到着するも、すでに3~4艘の船がいて、GPSにプロットしている場所には入れませんでした。
aaDSCF3052.jpg
仕方がないので、少し水深が浅いかな・・・という場所でアイパイでスポットロックして完全フカセ開始。

なんとなく潮は流れていますが・・・と言う感じで、周囲の船も釣れている感じはしません。
挿し餌は、フグにかじられた様な感じです。

その様な状況で、けっこうがんばってみましたが、結局マダイゲットならずで、ついに我慢しきれずに移動。
移動先は、毎度毎度のポイントです。

潮がほとんど流れていないので、アイパイをいれずに流し釣りです。
すると、魚 いました。 ベラ、ヒメ、エソ、ヤナギ、レンコ、アマダイと本命以外が釣れました。
エソなんか、50~60cmくらいのでかいのが釣れましたが、丁重にお帰りいただきました。

ターゲットのマダイがまだ釣れていないので、過去にマダイが釣れたポイントで、ロングハリスで試してみたところ、調度、時合いが良かったみたいで、マダイゲットすることができました。
どうも、マダイは、居付きではなく回遊しているみたいで、その群れに向き合うと複数釣れるような感じです。

本日の釣果です。
aaDSCF3055.jpg
レンコがたくさん釣れたので、3枚におろしてムニエルにしてみたら、けっこう美味しかったです。


にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ トレーラブルボート釣りへ
にほんブログ村



にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking
2019. 05. 26  
弾丸遠征でマダイゲット (R1.5.25(土))

土日ともに、午前中に予定が入っていたので、自宅帰着9時という予定で弾丸遠征してきました。

5月にしては、異常な高温になる予報で、実際に30℃超えとなりました。
弾丸遠征ですが、朝一はフクラギがいそうな気配がしたので、少しだけジグで様子見をしました。

ヒットはしませんでしたが、船の近くまでジグをチェースしてきたので、ベイトにマッチすればヒットしたかも・・・と言う感じでしたが、長居は無用ということで遠征。

完全フカセポイントには、すでに先週もいた船が2艘すでに竿を出しておられました。
当船は、天秤フカセと完全フカセの2本だしです。

マダイは、やっぱ警戒心が強い魚なので、やっぱ完全フカセの方が有利かもという感じです。
当船のとなりの船が、小型ながらマダイを2匹ゲット。

ふ~ん いるんじゃん! ということで、完全フカセに注力することに。
しかし、潮の流れが弱く・・・ 一定の流れがあれば、水中ウキが結構効果あるのですが、潮の流れが無いときは、水中ウキを付けるとその自重で沈んでいってしまい、コマセと同調しないみたいです。

水中ウキをはずして、小さいスイベルだけにして流すと、まずまずコマセと同調するみたいです。
で、ついに来ました! 引きがあまり強くないので、リールが自動で止まりませんが、明らかに魚信です!

リールのクラッチを入れて、糸を巻くとマダイの魚信!
とりあえず、今年最初のマダイゲットしました。

しかし、その後は続かずで、完全フカセも飽きてきて、ハリスを少し短いのに交換すると、来ましたレンコ。
レンコは、食い気が強い魚みたいで、ハリスが短い方が良く釣れます。

今回の釣行は弾丸遠征なので、マダイ・レンコをゲットしたところで納竿しました。

そうそう! ひとつ勉強になることがありました。船長より陸側の船2艘は、船首が北を向いているのに、当船は逆の南向き・・・
そんなに離れていないのに、潮の流れる向きが逆だったんですよ。こんなことあるんですね。

本日の釣果です。
aaDSCF3033.jpg
2匹ともに、酢漬けにしました。(具体的に説明しますね)

(鯛を調理するとき、胸びれ・腹びれ・背びれを調理用のハサミで切り取ってしまうと、調理中に手を怪我することもありませんし、鱗も取りやすいし、最後の処理も楽です。)
鱗を落として、3枚おろしにして、バットに並べて、その上に塩を振り余分な水分を15分かけて抜きます。
aaDSCF3041.jpg
15分経ったら、身を水あらいし、塩分をとり、キッチンペーパーで余分な水分を取り、ビニール袋に入れます。

そして、ビニール袋に別に作っておいた甘酢(酢+砂糖)を入れて空気を抜いてビニール袋の口を縛ります。
aaDSCF3044.jpg

2~3時間で食べると、酢が中まで完全に浸透しないで、周囲は酢が浸みてますが身の中はそのままでこれまた美味しいです。

本日、押し寿司の枠を使って、押し寿司にしました。

酒の肴になり美味しいですよ。皆さんもお試しください(^^)
aaDSCF3051.jpg

このほか、中骨と頭は、薄めの醤油を入れた少なめの水で、落としぶたを入れて、沸騰して5分煮るとこれまた美味しい1品になります。
aaDSCF3045.jpg

このとき、背びれとか胸びれとかのひれがないと食べやすいです。


にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ トレーラブルボート釣りへ
にほんブログ村



にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking
2019. 05. 19  
完全フカセ轟沈 (R1.5.18(土))

完全フカセをメインに遠征しました。
お天気・波・風ともに穏やかで、まさに釣り日和ですが、海の上には船の数がとても少なく・・・  今日は海に出ちゃだめな日?と心配になるくらい船の数がすくなかったです。

途中、ジギングでフクラギの様子見ようかと心が動きそうになりますが、メインは完全フカセということで、わき目もふらずポイントへ直行。
先週とは一転して、誰もいません(^^;) やっぱ、今日は何かある日・・・?

という状況ですが、さっそく完全フカセに挑戦。
潮が、それなりに動いていて、糸がひきだされて行くので、これはマダイの姿を拝めるか・・・という感じです。

しかし、150mほど糸が出たところで仕掛けを回収すると、全くの無傷です。
なかなか、期待どおりにはうまくいきません。
(唯一どうでもいいのが釣れました。なんですか、この魚?)
aaDSCF3024.jpg
完全フカセ 一本勝負もどうかということで、ロングハリスで天秤フカセの仕掛けも投入することにしました。
両方の竿を眺めながらののんびりした釣りです。

すると、天秤の仕掛けに、もそもそっとした魚信が出て・・・ アワセを入れるとヒットしました。
姿をあらわしたのは、毎度毎度のレンコダイ・・・ (船長はレンコダイ好きなんですが、マダイがメインのターゲットだから、残念ながら外道なんです)

その後は、いずれの仕掛けもまったくの生命反応なしで時間が経過。

さすがにしびれを切らして、場所を変えて、両方の竿を出しますがさっぱり生命反応なし。
いつもの、ポイントへ移動し、レンコダイを1匹追加しましたが本当に生命反応なしです。

先週、帳尻あわせしたタラポイントへ移動しますが、これまた全くの生命反応なし・・・
挙げ句の果てに、流し釣りしていたら、痛恨の根掛かり。
仕掛け一式持って行かれてしまいました(;;)

ということで、終了しました。
本日の釣果です。
aaDSCF3030.jpg

レンコダイは毎度毎度の甘酢漬けです。

三枚おろしにして、切り身に塩を振り、15分間放置して余分な水分を出します。(この時間が長いと身の中に酢が良く入ります。促成で甘酢漬け作るときは、少し長くします。)
切り身を水あらいして、余分な塩分を除去しキッチンペーパーで水分をぬぐいさります。
切り身をビニール袋に入れて、その中に酢に砂糖を入れた甘酢を注ぎ込んで、空気を抜いて袋の口を縛り、冷蔵庫内に置きます。

で結局、今回の甘酢漬けは、押し寿司にしました。木の枠に酢飯を敷き詰め、甘酢漬けをのせて重しをのせてしばらくして完成。
まずまずの出来で、おいしかったです(^^)

マダイが早く釣れないかな・・・です。


にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ トレーラブルボート釣りへ
にほんブログ村



にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

2019. 05. 12  
フカセ轟沈なれどタラで帳尻あわせ (R1.5.11(土))

高気圧の直下ということでいいお天気で正に釣り日和です。よって完全フカセをメインに遠征しました。
aaDSCF3010.jpg

ちまたでは、ブリが釣れている様なので、少しだけ朝一でジギングを試してみますが、全くの生命反応なし・・・
タイラバエリアには、ぽつぽつと船がいる程度で、まだ本格シーズンには入っていない?

完全フカセの竿を出すエリアは限られているので、早々にジギングを切り上げて移動すると、すでにエリアには完全フカセの船が3~4艘いましたが、幸いにもいつもの場所には船がいなかったので、いつもの場所で竿を出すことができました。
オキアミを投入して潮の状態を確認すると、何となくいい感じで動いています。

これは、マダイの顔をみることができるか・・・と期待満々です(^^)
糸が50mくらい出たところで、潮の流れの速いところがあるみたいで、これはいけそうな雰囲気でしたが、残念ながらヒットせず。

周囲の船も、全くダメダメみたいで、当船は最後まで粘っていましたが、周囲の船は早々に移動していかれました。

結局、挿し餌はまったくの無傷状態で、生命反応なしでした(;;)

完全フカセを終了し、いつものポイントで竿をだしてみましたが、これまた全くの生命反応なし・・・
魚 どこいったんじゃ!という感じで、レンコダイが1匹の他、トラギス1匹で終了。

これは、なかなか厳しいわ!と言う状態ですが、まだ時間があったので、沖に移動して釣ってみますが、これまた沈没。
沖目のタラポイントには、3艘ほど船がいて、サンマの塩漬け冷凍切り身を持ってきていたのでタラ釣りに変更。
aaDSCF3015.jpg
沖は、けっこう潮がながれていて、アイパイで3~4くらいです。
仕掛けを投入すると、早々に魚信があり、タラゲットです。

これで、昆布締めのネタゲットでよしよしと思っていると、ポツポツとタラがヒットしタラ5匹とホッケ1匹の結果となり、帳尻あわせができました。

他の、プレジャーボートのおじさんが、「あんた、餌 何つかっとるがけ~」「おら、サンマよ」「やっぱ、イワシじゃだめなんかの~」との会話が聞こえてきました。
やっぱ、サンマの切り身の方が、脂がいっぱい出るので、イワシより釣れる気がします(^^)

サンマの切り身は、三枚におろして、バットの上にならべて塩をふって、余分な水分を出させて身を締めます。
その後、ビニール袋に入れて冷凍しておき、釣る時にハサミで切り身の形を整えて挿し餌に使っています。

仕掛けを深く沈めるので、餌の形が悪いと、しずめる途中に餌が回転してエダスがよれよれになるので、切り身を紡錘形に整えて使っています。
それなりに効果あると思います。

本日の釣果です。
aaDSCF3018.jpg

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ トレーラブルボート釣りへ
にほんブログ村



にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking
GoldenMeanタイドグラフ
イカの占い

プロフィール

ぶんぶん丸船長

Author:ぶんぶん丸船長
引き寄せの法則を信奉し、日々ポジティブ?に

最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム