2008. 09. 28  
シイラ釣れました(H20.9.23)
P9231222_convert_20080928150350.jpg

北日本新聞の釣り情報で、氷見沖で1mのシイラがよく釣れているとあったので出撃しました。
島尾海岸沖(N36度51E137度04')で浮き草が一直線に並んで浮かんでいるところがありました。(たぶん潮目じゃないかと思います)
シイラは、流木とか浮き草についていると本などに載っていたのでさっそく、「エキスパート」(高岡イオン近くの釣具屋さん)で買っておいたホッパージグを試してみることにしました。

ジグをつけて2投目にあたりがありました。シイラ特有のえらあらいで勢いよく海面から飛び出したとたんに糸がぷっつり切れて、1,300円のジグがあの世に行ってしまいました。(ショックリーダーをつけずに、スピニングリールに巻いてある4号のナイロン糸に直結してあったので当然といえば当然かも)

そこで、4号ナイロン糸の先に漁師さんが手釣りで使うような撚り糸を1mほどつけて再度挑戦。
数投でまたヒット。道糸が4号なので、リールのドラグを調節しながら慎重に引き寄せ60cmのシイラを引き上げました。

再度、ジグを投げて引き寄せると、前回とはあきらかに違う強い引き込みがあり、心臓がばくばくに。道糸が「ぎゃー ジー」と引き出され、なかなか寄せることができず、しまいには、12.5ftの「ぶんぶん丸」が引きずられるありさま。
それでも、がまんしながら強い引きとえら洗いをしのいで、船のそばまで寄せることができ、網ですくおうと網に手をのばしたところ、網が別の竿のサルカンにひっかかって大あせり。

なんとか、サルカンから網をはずして1mのシイラを船の上にあげることができました。
エラを手で切って血抜きをしたあと、コールマンの大型クーラーに折り曲げるようにして収納。

まだ、釣れそうな雰囲気があったのですが、食べきれないので終了しました。

P9231225_convert_20080928150940_convert_20080928152259.jpg

家に帰ってから、さばくのに一苦労。
近所や友達に切り身にしておすそ分けし、うちでは、刺身と醤油につけてグリルで焼き魚にしてだべました。
しばらく、シイラはもういいかな?です。

スポンサーサイト
プロフィール

ぶんぶん丸船長

Author:ぶんぶん丸船長
引き寄せの法則を信奉し、日々ポジティブ?に

最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム