2009. 08. 31  
ツバイソ第2段  縮んどるじゃん!

先週に続き、ツバイソ狙いで出撃しました。
太平洋を通過する台風の影響で、出撃前夜から自宅付近は激しい雨です。

しかし、ヤフーの海釣りの天気予報では微妙に回復なので、
気象庁の雨雲レーダーを確認すると、筋上の雨雲が、自宅付近を通過
しているだけで、海の上には雨雲がありません。

出撃です。

出撃間際は微妙に雨が降っていたのですが、雨雲レーダーどおり雨は心配ありません。

風も波も弱く、絶好調と思ったのもつかの間、さっぱり魚の活性が
高くありません。

ねばって、ねばって、ぽろぽろと釣れる程度で気合入る前に、あきらめムードが・・・・・・・・・
aP8294755.jpg
疑似餌での釣りはあきらめが肝心です。
その時、沖をでかい客船が音も無く進んでいる姿が。
なんか見たことある姿です。
ほぼ、1年前にブログに掲載した「飛鳥Ⅱ」でした。aP8294760.jpg
aP8294765.jpg
aP8294776.jpg
万葉埠頭に着岸して、食料品の積み込みのトラックと、プチ上陸の観光バスがまわりにいます。
警備員がいて、微妙に外国の雰囲気です。

次の写真は、いつも利用している漁港内の桟橋です。
皆既日食の影響か、雨の影響か、地球温暖化の影響か海の水が多すぎて
桟橋が最近使えません(;;)   (心配です?)
aP8294786.jpg

本日の釣果です。
先週より縮んでおります。
aP8294789.jpg
来週は久々にカニで黒鯛でも狙おうかなです。

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ




スポンサーサイト
2009. 08. 23  
ツバイソ釣れて秋の訪れを知る

皆さんお久しぶりです。
先週はお盆ということで、ゴルフに富士急ハイランドで多忙につきごぶさたしておりました。

先週の土曜日は荒天の中、アジ釣りにいったのですが、親父が釣った中アジ1匹のみで
撤退の散々な釣果でした。

今回は、お天気もまずまずということで、オキアミのコマセを準備し、中アジねらいです。
天気予報のとおり、南西の風がそこそこあって船が流され釣りにくい状況です。

新湊漁港の外側で、糸をたらしてみるのですが、さっぱり気配がかんじられません。
しばらく、船をながしても連れないので移動。

庄川と小矢部川の間になにやら船団ができているので、そばに寄ってみるのですが
さっぱり不明です。(サビキの先端にオモリをつけて、餌なしで何がつれるのか?)

ここでも少し試してみるのですが、アジはいません。

万葉埠頭沖の一文字の氷見よりの先端へ移動です。
ここでもやはり風で船が流されるので、アンカーを打って
かごにコマセを入れてサビキ釣りです。

アジはいるにはいたのですが、豆アジです。
豆アジをクーラーボックス入れる気もしないので、
初めて、船のイケスを使ってみました。

船底の蓋をあけると、勢いよく水が入ってきて一瞬船が沈むのでは
とどきっとしました。
aP8234753.jpg
横から水中撮影してみました。
ちょっとした水族館でしょ!
aP8234750.jpg
これ以上、豆アジを釣ってもしょうがないので、さらに沖へ移動です。
定置網のまわりでは、かもめ?が大騒ぎです。
aP8234758.jpg
フクラギ(ブリの子供)のポイントへ移動すると、ジギングをしている船が。
そこで、船長もジギングをやってみることに。

残念ながらのってきません(追いかけてきているのですが)
ここでも、やはり風で船がながされるので、周辺をしかけを引いてまわってみることに。
しかけは、岸からの遠投してつかうものですが、結構調子いいです。
aP8234742a.jpg
しばらく、その辺をうろちょろしているうちに、アタリがありほぼ一年ぶりのツバイソです。
ツバイソはブリの幼魚で、脂がのっていないのであまり美味しい魚ではないのですが、
そこそこの引きに感動してしまい釣ってしまいました。
aP8234761.jpg
豆アジは、料理がじゃまくさいので、海へお帰りいただきました。
コズクラは、大きいものは昆布じめに、小さいものは煮付けになりました。
コズクラは、イワシなどのベイトをガンガン食べて、どんどん大きくなります。
毎週、というか、行くたびに一回りずつ大きくなります。

大きくなって、40cm以上のフクラギになるのですが、こいつもさっぱり脂がのりません。
(やっぱり、あまり美味しくないので釣りすぎに注意です。)

大きくなったフクラギはやがて定置網のそばを離れ、旅にでます。
旅に出たフクラギは、体に脂を蓄える体質に変化し、さらに大きくなり
脂ののったブリになるのです。

富山湾でとれるブリは、北から南下する際に海が荒れたとき、波が穏やかな
富山湾に逃げ込み、定置網にかかるものです。
(海が荒れないとブリはとれません。海が荒れるとブリが獲れるので荒れたお天気を「ブリおこし」ともいいます)
よって、富山湾でブリは釣れません!!(言い切ってよいのでしょうか?)
にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ



2009. 08. 12  
チューリップの秘密

今回は、久しぶりにチューリップの話題です。
一般的には知られていないチューリップの秘密を紹介します。

チューリップは、球根を植えれば、よっぽどのことが無い限り誰でも花を咲かせることができます。
その謎についてです。

富山でチューリップは、4月上旬から上旬にかけて花が咲きます。
その後、5月の日光を受け、球根が太ります。(富山県は5月の日照時間は日本一長いのです)

気温の上昇とともに、チューリップは茎や葉を枯らして眠りに入ります。(6月)
眠りについた球根は、6~7月の気温の上昇とともに目を覚まし、球根の中で
葉→花びら→おしべ→めしべ
の順番に来年、花を咲かせる準備をします。

その準備は、ほとんどの品種で、9月下旬には完了します。
皆さんがチューリップの球根を購入されるときには、球根の中に
葉と花びらとおしべとめしべが、一通り完成した状態で入っているのです。

だから、球根を植えるだけで誰でも簡単に花を咲かせることができるのです。

しかし、チューリップは、一定期間、低温にあわないと準備が整っていても芽を出しません。

その一定期間の低温とは、5℃で8週間です。
花芽が完成した球根を5℃8週間の低温にあわせれば、冬でもチューリップを咲かせることができます。(冷蔵庫の野菜室でよいです)

船長は、チューリップ切り花の仕事を漁業のほかの生業(なりわい)としています。
そのため、8月は、チューリップの花芽が完成しているかどうかを、確認するため

約1200球ほどの球根を刻みまくります。
その写真を紹介します。

まな板の上で、1品種につき3球の球根を切ります。
aP8124724.jpg
切り方は、ノーズ(葉・花)を傷つけないように4切りにします。
aP8124722.jpg
4つ切りにした球根の鱗片を、メスを使い丁寧に切除し、ノーズ(葉と花)を切り出します。
真ん中にちょこっとあるのが、ノーズです。
aP8124730.jpg
実体顕微鏡をのぞきながら、ノーズを分解していきます。
aP8124725.jpg
次の写真は、ノーズの葉の部分を取り除いたものです。(8月10日です)
この状態では、まだ完成していません。
めしべの、真ん中がへこんで完成です。
aWS000000.jpg
これが、完成した花芽です。
めしべの真ん中がへこんでいるのがわかりますか?
この状態になると、15℃2週間 5℃8週間の冷蔵処理をして、温室に球根を植えると、
12月上旬にはチューリップの花が咲きます。(^^)
aWS000003.jpg
これは、花びらの枚数が20~40枚にもなる八重咲き品種の花芽です。
一重咲きよりもたくさんの花びらをつくらなければ、ならないので花芽の完成は遅くなります。
aWS00000yae.jpg
チューリップの球根を刻みまくっていると、いろんな品種の表情がわかります。
チューリップマスターへの道をまっしぐらです。
悩みは、チューリップの球根を刻むと、指先が痛くなるチューリップフィンガーという
アレルギーですかね(;;)

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ


2009. 08. 09  
アジ爆釣ならずそしていい写真とれました

先週のアジ釣りはコマセが途中でなくなってしまったので終了。
今回は、先週より大きめのオキアミブロックを購入し、さらにクーラーボックスはコールマンのキャンプ用の大型を持参です。

相変わらずすっきりしないお天気ですが、風が吹かないので少々の雨では出撃です。
海へ向かう途中、庄川の堤防道路を走るのですが、度重なる雨で川幅いっぱいの泥水が流れています。(なんか不気味な雰囲気がただよっています)

出撃まもなく、濃霧につつまれて周りが全くの視界不良です。
aP8084535.jpg
庄川の河口付近から、濃い霧がどんどん流れてきます。
庄川・小矢部川の冷たい濁り水が入り込んで、先週のようにアジの気配はあまりなく少しずつ釣れる程度で、気合いは空振りです
視界不良だし、釣れないしで場所を伏木方面に移動することに
すると、さっきの濃霧はうそのようにありません。
南からの暖かい湿った空気が冷たい川水に触れ、濃霧が発生したものと考えられます。
こんな時、GPSがないと大変なことになります。(私は、GARMIN社製のGPSMAP76というハンディのGPSを持ち歩いています)
aP8084541.jpg
万葉埠頭の一文字の端で、アジ釣りを再開。
小アジに混じって中アジがつれましたが、次第に、ススメダイの猛攻にあい、あえなくアジ釣りは終了
aP8084546.jpg
今日こそは、海上保安庁の臨検かと思いきや素通りです
aP8084555.jpg
新湊の旧漁港にずっと係留されていて出撃を見たことがない富山県の巡視船?が動いているのを初めてみました。
aP8084553.jpg
本日の釣果です  アジ33匹(うち極小7匹) キス15匹
キスの活性も低下し、そろそろ終盤を迎えつつあるようです?(気合い入ってないからかも)
aP8084566.jpg
そして、いい写真とれました。
柴犬をつれてキスつり
aP8084563.jpg
今年は、ビーチパラソル立てて釣りをするようなぴかーっと晴れた日がなくて残念
(暑い日がなくて釣りは楽でしたが)
にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

2009. 08. 05  
スイカ解体ショー

暑い夏の風物詩  スイカです。石川産です。

でもね、スイカって冷蔵庫内で場所をくうし、食べる時切らなければならないのが問題!
この2つの問題を解決する方法を発明しました。
こんな風にすればよいのです。
aP8054551.jpg
時間を逆まわしにお見せします。
aP8054545.jpg
巨大な梅干か?
aP8054540.jpg
aP8054538.jpg
スイカって生ゴミたくさんでるよね
aP8054553.jpg
aP8054531.jpg
スイカってミネラルの補給と水分補給になるのでよろしく!

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
2009. 08. 02  
中アジ爆釣の気配と戦艦ヤマト?(H21.8.1)

ついに、8月になってしまいました。
今年は、多分梅雨があげずにこのまま涼しくなって秋に突入という感じがします。
農作物は、日照不足の影響が心配されますが、釣りは好調が続いています。
今朝のお天気は、高気圧が接近しているのに、一日、雨が降ったりやんだりの予報です。
しかし、風がないので出撃です。

今回は、キス釣りよりもアジ釣りに気合が入っています。
(オキアミは解凍済み、仕掛けは前回より小さめのサビキ、コマセ籠も新調です)

連日の降雨の影響で、水が少々にごり気味です。
また、湿度が高く、もやの強いお天気で、今にも雨が降り出しそうですが、雨合羽持参なので、いつ、雨が降っても大丈夫です。
aP8014530.jpg
コマセ籠にオキアミを入れさっそく釣り開始
しかけを投入してから間もなく、アジ特有の激しい魚信があり、中アジがつれました。
鈴なりとは行きませんが、サバの幼魚交じりに、アジがコンスタントに釣れつづけ、コマセが無くなったところでアジつりは終了。

小さいサバを生かしておいたので、雨晴沖のマゴチのポイントに移動。
しかし、一度だけ魚信が出ただけで、それっきり。

タコの仕掛けも買ってあったので、タコつりもやってみました。
海底をトントンとこずいていると、もそもそと魚信が・・・・
仕掛けをまきあげてみると、タコがいました。
しかし、タコと目があった瞬間、仕掛けからタコがはずれ、逃げられました(残念!)

キスは、いつもの雨晴沖ではさっぱりでしたが、小矢部川河口の左岸沖へ移動。
沖からの風で上手いぐあいで船がながされ、向こうあわせで勝手に次々と釣れました。

本日の招かれざるお客さん
きゃー  ウミケムシです。毒を持っているので触れません。
aP8014541.jpg

本日の釣果
アジ39匹 キス31匹 タイ2匹
aP8014601.jpg
この魚は?  側線の形からアジの仲間だと思うのですが
aP8014605.jpg

海上自衛隊の戦艦が万葉埠頭に接岸していました。
aP8014545.jpg
訓練支援艦の「てんりゅう」です。←リンク張ってあります
aP8014552.jpg
aP8014592.jpg
「うみたか」です←リンク張ってあります。
高速ミサイル艇「うみたか」は、200トン型ミサイル艇で、全長50m、ウォータージェット方式で速力44ノット、定員20人、76mm速射砲、誘導弾4発を備えた艦対艦ミサイルを装備、建造費90億円。レーダーに反応しにくい、ステルス性形状を採用しているそうです
aP8014564.jpg
aP8014580.jpg
aP8014576.jpg

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
プロフィール

ぶんぶん丸船長

Author:ぶんぶん丸船長
引き寄せの法則を信奉し、日々ポジティブ?に

最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム