2009. 09. 27  
2日間とも、北風で出撃できず(H21.9.27)

今週は、実は気合が入ってました。
ジギングではなく、イカの切り身をつけて手釣りでフクラギを狙う準備をしていました。
砺波のジャスコで、青森産のスルメイカを購入して、餌の切り身を作ってました。

余談になりますが、ジャスコは会社の仕入れの方針として、漁船の魚一艘分全て丸ごと買い取り、他のスーパーとの差別化を図るとともに、雑魚まですべて買い取ることによって漁業も支援するとかのTV番組(たしか、NHK)をやっていました。

砺波のジャスコは、氷見のどこかの定置網に入った魚を丸ごと買い付けているようで、フクラギの刺身・シイラの刺身・豆アジから大アジ・アオリイカ・ハチメなど様々の魚を販売しています。よって、砺波のジャスコの鮮魚売り場に行けば氷見でどんな魚がいるかわかります。

と、いうことで、フクラギ爆釣を夢見てこの週末を待っていたのですが、太平洋上の台風の影響か北風が2日間ともに吹き続け、富山湾は白波とうねりで出撃できませんでした。

しかし、海のマイナスイオンを浴びに海に行ってきました。
風と波さえなければ、天気は最高なので申し分ないのですが・・・・・

国分港 横の国分浜です。光がいっぱいあって海風が気持ちいいです。
(この浜は、ロシアの女性が海水浴をしているので有名?です)
aP9264795.jpg

最近、新しくできた、小矢部川を横断する橋の上からの眺めです。
aP9264809.jpg
大型貨物船が、同じ場所で方向転換をしているところです。
aP9264810.jpg
aP9264813.jpg
aP9264824.jpg
aP9264840.jpg
aP9264850.jpg
aP9264853.jpg
方向転換を終了後、沖へ出航して行きました。
(方向転換用のスクリューが付いているようです。)

私が、船舶免許の講習を受けた日本海マリンの教習艇です。
落水者に見立てたブイを回収する練習をしていました。
受講者のみなさん、頑張ってください。
aP9264857.jpg
小矢部川の河口には海上保安庁の巡視船が係留されています。
真っ白な船体がすごくきれいでした
(小矢部川の河口はかなり水深があるので、海が荒れていても波が立ちません。)
aP9264808.jpg
次の船は、富山新港の渡船です。
道の代わりに運行している県営の渡船です。(無料で乗ることができます。)
aP9264864.jpg
船長は、オートバイと一緒に乗り込み反対側の岸まで小航海です。
このバイクは、ヤフーのオークションで落札して入手しました。
大富士というメーカーで多分、台湾製と思われます。(スピードメーターがすでにうごきません)
aP9264893.jpg
最後に、富山湾で活躍する双子の?タグボートです。
aP9264894.jpg
結局、2日間ともに海へ足を運んでしまいました。
海は、マイナスイオンがたくさんあるので、海のそばにいるだけで、体がよろこんでいるのを実感します。
にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
スポンサーサイト
2009. 09. 21  
ツバイソがフクラギに昇格か?

昨日、一昨日と台風の影響で、北風が吹いて波も高く残念な連休前半でした。
今日は、待ちに待ったお天気です。(しかし、少し不安です)

今朝は、目覚ましをセットしたはずなのに、無意識で目覚まし時計を止めたのか、4時50分に目が覚めて、予定より30分寝坊です。
外は風もなく、絶好調の釣り日和の予感。

寝坊のため、立山連峰の山の端がすでに明るくなっています。しかし、一昨日の大失敗があるので、はやる気持ちを抑えながら海に向かって車を走らせます。

海は、全くの静穏で、最高の釣り日和です。
港から船が出た時には、日の出間際でした。(日の出の場所がだいぶ北の方に移動しています)
aP9214815.jpg
いつもの、定置網に向けて船を走らせていると、なぜか、万葉埠頭の沖の一文字堤付近に海上保安庁の巡視艇が停泊。(もう、20分出撃が早かったら止められていたかもです。
船長の船は、夜間航行の電灯がついていないので、日の出から日没までしか航行できません)
aP9214816.jpg
今日も、素通りで遠くへ行ってしまいました。
いつもの定置網は、船がたくさん集まっているのですが、ジギングと引き釣りはさっぱりの様子です。でも、タコベイトのサビキはけっこう釣れていました。(さすが、遊漁船)

ということで、ホッパーのジグを引きながら、さらに沖合のシイラのポイント(去年釣れたあたり)を流しますが、潮目も、藻もなくシイラの気配が感じられないので、氷見沖の定置網へ移動。

しばらく様子を見ると、ジギングで釣れているようです。さっそく、購入したインチクを投入して巻き上げるとぽつぽつと釣れました。だいぶん大きくなっているようで、船の上に抜き上げようとするのですが、竿がしなって抜き上げられずに、5~6匹逃げられてしまいました。(もう少し短めの、先調子の竿がよいのかも)

手釣りのかったくりで釣っている人がいて、信じられないくらい入れ食いでした。ほぼ100発100中のアタリです。誘い方と疑似餌?が決定的に違うようです。
aP9214827.jpg
周りの船がいなくなり、アタリも出なくなったので、帰港です。波も風もないので時速40km/hほどで快適に巡航でき、最高に気持ちよかったです。

本日の釣果です。
確実に大きくなっています。ツバイソからフクラギに昇格したようです。
aP9214839.jpg
調理方法は、脂がのっていないので昆布〆にしようかと思っていたのですが、以外に旨みがのっていたので、刺身で食べて残りは昆布〆に。あとは、定番の煮付けです。

何を食べているのかということで、胃袋の中を見ると、イワシの子供がたくさん入っていました。(イワシによく似た疑似餌があるかなぁ)
aP9214841.jpg
シルバーウイークの釣り日和も今日一日で、明日は前線が接近と言うことで後半は残念なお天気みたいです。
にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
2009. 09. 19  
台風の影響で竿が折れました(;;)

夕べ(9/18)は、仕事が終わってから、久しぶりに夜釣りに行きました。
新湊漁港の外側で、黒鯛ねらいで浮きふかせ釣りです。
大型のテトラポットをつたって、竿を出せるいつもの場所です。
北東の風がやや強く、あまりコンディション的にはよくありません。

コマセを撒くと、小アジばかりが寄ってきて釣りになりません。
餌がなくなりそうになった時、電気ウキがスッと水中にけしこんで、走りはじめたので、黒鯛かと期待したのですが、スズキの子供でした。
aP9184802.jpg
その後、黒鯛がまわってこないかと期待していたのですが、餌がなくなり終了。

今日(9/20)は、コヅクラとシイラ狙いで船で出撃準備をしていました。
ヤフーの天気予報では、北東の風で風向きは気になったのですが、風速が1~3mで天気も曇りから晴れです。
しかし、夕べ、風が吹いていたので、もしかしたら風が強いかもということで、落とし込み用の黒鯛竿を持っていくことに。

午前4時過ぎに起きて外を見ると路面が濡れていました。やはり、台風の影響で天気予報があまりあてにならないという思いが頭をよぎります。

まあ、それでも雨は降っていないしということで海へ向かって車を走らせます。
海に着くと、北風が強くて、小さいうねりと白波が立っており、船での出撃は不可能と判断し、カニを餌に落とし込みへ変更です。
aP9194807.jpg
ここまでは、よかったのですが、この後、最悪の結果が待ち受けていました。

船の上においてあった長靴が、夕べの雨で中が濡れていたので、長靴をはかずにサンダル履きでテトラポットの上へ。(テトラポットは、立方体を7個くっつけた形のです)

右手に竿、左手に小さいバケツを持って、テトラポットの上を歩いていたら、左足を踏みははずして、尻餅をついて、竿を持っている手の方へ頭から下の方へ転げ落ちてしまいました。落差が無かったので、助かりましたが、お尻→右上腕→後頭部の順にぶつけてしまいました。

痛みをこらえて状況を確認すると、なんと、竿がまっぷたつに折れているではないですか。
竿が折れて、二つになることなんてあるんやぁと妙に感心してしまいました。
aP9194812.jpg

折れたのが、竿の持ち手付近だったので、さお先は5m以上残っていたので、体は痛かったですが、カニをつけて落とし込みに挑戦!
しかし、10分もしないうちに、頭から波をざぶーんとかぶってしまい、戦意喪失です。
いつもなら、カッパを着て、スパイクの長靴を履いてやる釣りなのです。

サンダル履きでカッパも着ないでやった私があほでした。

今年に入ってから、港のスロープでサンダル履きで転んで膝を強打したりとか、海で怪我ばっかしています。すこし、気のゆるみがあるようです。
皆さん、慣れの中に危険が潜んでいることを身をもって思い知らされた一日でした。

(台風さえ来なければこんなことに・・・ 懲りてないようです)
にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
2009. 09. 13  
タコ坊主

昨日(9/12)から今日にかけて、長い寒冷前線を伴った低気圧が日本海を通過しました。
本当は、ツバイソ釣りにいきたかったのですが、寒冷前線の影響で、雷やら微妙な強風やらで、出撃は二日間ともに中止しました。
天気予報では、今日はお天気が回復するとあったのですが、晴れていたと思いき、いきなり雨が降ったりの不安定なお天気でありました。

それでも、午後1時を過ぎると、西の空が明るくなったので本格的にお天気は回復と判断。
天気も良くなったので、台湾製の屋根付きスクーターにさおを縛り付けて、氷見方面にタコ釣りに出撃しました。

雨のおかげで、空気はすごく澄んでいて、バイクで感じる風は最高です。
海沿いを走る国道160号線を七尾市にむけてスクーターを走らせます。

県外ナンバーの大型のバイクと何台もすれ違いました。
記憶をたどりながら、目的の漁港に着くと、アオリイカのエギングを楽しむ人が。
aP9134778.jpg
aP9134775.jpg

今年は、アオリイカの成長が遅れているとかで、スミ跡はぽつぽつと残っているのですが小さいです。

さっそく、タコ釣り開始です。
実は、防波堤でタコを釣ったことがないのでタコのイメージを膨らませながら
しかけを動かしながら移動。
aP9134781.jpg

水が澄んでいるので、仕掛けはよく見えます。

少し、沖のケーソンの間に仕掛けを送り込んでやると、タコがのってきました。
残念ながらあわせるタイミングが少し遅れ、針ががりせずに逃げられてしまいました。

そのあとは、全くのってきません。

天気がよいので、プチツーリングに予定を変更して、海沿いのワインディングロードを楽しんで
帰路についたのでした。

結果は坊主でしたが、命の洗濯になった休日でした。
にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
2009. 09. 06  
ツバイソ第3段

先週に続き、ツバイソ釣りです。
先週は黒鯛釣りにでもとふと頭をよぎったのですが、ヤフーの釣り情報(天気予報)では

船を出すのによさげな感じだったので、船で出撃に変更しました。

しかし、朝、海に向けてデリカを走らせていると、大気の状態が不安定なためか
ところどころ道がすごくびちゃびちゃになっています。

それでも天気予報を信じて船を出したのですが、進行方向には、黒くて低い雲がたれこめています。
ツバイソ釣りのポイントは近いので、船上で雨合羽を着て直行です。
(雨合羽は体が濡れる前に着るのが極意です)

ポイントの定置網の手前からしかけを引き釣りはじめると、すぐにヒット
良型のツバイソがきたので、期待できそうです。

ポイントの定置網先端までいくまでに、次々と釣れました。

しかし、北風がどんどん強くなり、白波が立ち始めのと、晩御飯のおかずが確保できたので
さっさと終了です。

帰港途中、万葉埠頭に貨物船がちょうど着岸中でした。
aP9054756.jpg
タグボートがまわりにいたので、着岸するのに船体を押すのかと期待しながら見ていたのですが
、太っといロープを岸に届けるだけの簡単な作業で終了でした。
貨物船はロープを巻き上げ接岸終了。
aP9054753.jpg
本日の釣果です。
小さいほうから、味噌と醤油で味付けして煮付け
大きい方から3匹は昆布締めです。
aP9054768.jpg
料理に手間がかからないので楽です。(^^)
にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
プロフィール

ぶんぶん丸船長

Author:ぶんぶん丸船長
引き寄せの法則を信奉し、日々ポジティブ?に

最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム