2010. 01. 31  
イカ釣り2連荘(れんちゃん) (H22.1.30~31)

H22.1.30の巻
先週以上の爆釣を期待して気合入ってました。
前夜に準備万端整っていたので、朝、5時起床で速攻で出発です。
しかし、港に着くと天気予報とは全く異なる状況。

波は高いし、風は強い・・・  どういうこと?
それでも、天気図の等圧線の間隔は広がっているはずなので一時的な状況と判断し出港
aP1305326.jpg

先週のポイントで早速仕掛けを投入。
様子を見るために、パラシュートアンカーを投入せずに後進をかけながらシャクリを入れてみるのですが、全然イカの気配がありません。

周りにはほとんど船はいません。皆さん素通りで、氷見沖のポイントへ向かっているようです。

イカの気配がないので、微妙に高い波を乗り越え氷見沖へ移動することに。
そこには、イカ釣りの大船団ができていました。
aP1305331.jpg
風が強く、船が流されるので、パラシュートアンカーを投入しての釣りです。
南東の風が強く、ピッチの短い1m以上の波が押し寄せ大変な状況です。

スルメイカがポツリポツリと上がってくる程度で、爆釣には程遠い状況です。
船団の中には、イカ釣りの漁船が5艘まじっているので、イカは居るようです。
aP1305338.jpg
(このイカ釣りの漁船、風上からこっちに流れてきて、船首どうし「ごぉーん」とぶつかってしまいました)

チューリップ切花の出荷検査が11時からあるので、9時45分に竿を納め帰港することに。ピッチの短い波が、進行方向から押し寄せてくるので、船がまきあげるスプレーが体にかかり、大変でした。どうすれば、スプレーを浴びないですむかということを試行錯誤した結果、波頭から波頭へツッキンツッキンをいけばよいことがわかりました。結局、ぶっ飛ばせばよかったのです。

本日の釣果です。(今夜は冷蔵庫の中でお休みいただきます)
aP1305342.jpg

H22.1.31の巻
今日は、昨日と一転して、風も波も全く無い釣り日和となりました。
昨日、少ないとはいえ、イカを確保しているので、気持ちに余裕があります。
aP1315349.jpg

全く、波がないので、アクセル全開(オーバーサイズのエンジンを搭載しているので5100rpmまでなのですが)で船を進めると、45km/hでます。(大抵の船は追い越せます)
aP1315372.jpg

いきなり、氷見沖へ行くのもなんなので、昨日釣れなかったポイントで仕掛けを投入。
全くの微風なので、パラシュートを投入しないでも、うまい具合に船が流れました。

最初のうちは、いまひとつだったのですが、イカが釣れたポイントを集中して攻めることにしたところ、コンスタントにイカが上がってきました。

あまりに、風がないので、パラシュートを投入している船は、全く船が流れずにいまひとつの様子でした。大船団が出来ていたのですが、気が付くと少なくなっていました。

どうも、イカは駆け上がり付近についているようで、そのポイントを中心に攻めた効果があったようです。
底付近でヤリイカのアタリがあり、追い乗りさせようとゆっくりまきあげていくと、スルメイカのアタリが。

電動リールでまき上げていたのですが、途中でスルメイカの引きが無くなり、どうしたのかと仕掛けを確認したところヤリイカの頭だけが・・・  スルメイカにヤリイカが喰われたようです。
aP1315362.jpg
本日の釣果は、スルメイカ8杯・ヤリイカ8杯でまずまずでした。
aP1315380.jpg
昨日のイカとあわせて、山ほどイカの塩辛を作りました(^^)/
にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
スポンサーサイト
2010. 01. 24  
イカ 豊漁(^^)v  (H22.1.23)

 在所の新年会でイカの刺身を振る舞うことができればということで出撃しました。

 前夜は、風が強く、雷も鳴っていたので家を出発する間際まで、お天気が気になりましたが、天気図では等圧線の間隔が広がっていたので、とりあえず海まで行って判断することに。

 海は、波・風ともに穏やかで釣り日和に。
 先週と同じポイントへ。お天気がいまひとつの雰囲気があったせいか、あまり釣り船はいません。
aP1235325.jpg
 竿をイカ釣り専用の調子の堅いものを使用。竿が堅いのでシャクリが入れやすくイカツノの動きもよくわかります。

 仕掛けを投入してまもなくイカの魚信があり、引きの強さからスルメイカです。
 胴長30cmほどの良型のスルメイカの姿が。
 その後も、コンスタントにスルメイカ・ヤリイカが釣れました。(調子いいです)

 そして、トラブル発生(;;)
 電動リールの巻き上げができなくなりました。スイッチを入れても知らんぷりです。
 リョービの電動リールはスイッチ関係の故障が多くて困ります。これで、壊れたのは4回目です。いつも、肝心な時に壊れてくれます。(また、修理に出すか、あの世に行ってもらうか迷ってます)

イカが釣れていたので、しばらく手巻きで勝負です。120mの海底からイカを巻き上げるのは体力勝負です。しかし、体力の限界?になり、ダイワの電動リールの竿に、仕掛けを付け替えて釣り続行です。(ダイワの釣り道具はさすがブランド品です。トラブルになったことがありません)

 爆釣タイム到来です。ヤリイカが一度に5杯釣れました。引きがそれほど強くなかったのでスルメイカ1杯かヤリイカなら2杯かという感じでしたが、仕掛けを引き上げるといるわいるわで良型5杯ゲットです。
aP1235319.jpg
 その後しばらくぽつんぽつんと釣れ続き、そしてまた確変?入りました。

今度は、かなり強い引きです。リールの巻き上げ速度を調整しながら慎重に巻き上げ、仕掛けを引き上げると、今度はスルメイカ5杯ゲットです。(一度にこんなたくさん釣れたのは経験したことがありません。釣り船が少なかったせいでしょうか?)
aP1235321.jpg
 11時からチューリップ切花の出荷検査があるので、10時には竿を納めて帰路についたわけです。心配していたお天気も帰りにはびっくりするほど良いお天気になっていました。
aP1235327.jpg
本日の釣果です。28杯
aP1235332.jpg
新年会へは、ヤリイカの刺身を持参することができました。
あと、チューリップ切り花の皆さんへはイカの塩辛を。
(今日は、昨日以上の良い天気だったのですが飲み過ぎて休漁しました)
にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
2010. 01. 17  
イカ 登り調子か?(H22.1.17)

先週は、日本海に本格的な寒気が流れ込み、週末にかけてまとまった雪が降りました。
庭の中も雪だらけで、出撃するためには、船を雪から掘り出さなければなりません。
船の上には、しっかりと雪が積もってしまいました。
aP1165312.jpg
土曜日は、チューリップの仕事を少ししたかったので、出撃しませんでした。
今朝は、昨日の夕方、除雪機でしっかり雪をよかしてあったので、スムーズに出発です。

気温はマイナス4℃で、道はつるつるに凍っていました。ひとつ心配なことが・・・
今回の雪は、海沿いでたくさん降っているようだったので、港の中がゆきだらけだと、船を海に下ろすのに一苦労しなければなりません。なんか、60cmくらい積もっているような気象情報も・・
 しかし、港の中は思ったほど雪がなく、さらに、前日、誰かがつけたわだちが残っていました。トレーラを切り離し、方向転換してから、再度、車に連結し特に問題もなくスロープまでたどりつくことができました。(でも、ナンバープレートはべっこりです)


風も波もなく絶好の釣り日和で、舞子の定置網まであっという間です。
先客の船がすでに船団を形成していますが、いまひとつの様子です。

120mの底から少しずつ巻き上げながら、しゃくるのですがのってきません。
巻上げを少なくして、底付近をしゃくっていると、ヤリイカがつれ始めました。
それを繰り返し、なんとかぽつぽつと数を伸ばしたという感じです。

(海洋資源調査でお世話になっている、えばた丸に遭遇)
aP1175317.jpg
忙しい、釣りでないので、船上で魚探をセットしてイカの動向を探ることに(だんだん、魚探の使い方がうまくなってきました)

ピンク色のまとまった反応が画面に現れたので、もしかしたら、イカの反応かということで、その深さに仕掛けをもっていったところ、良型のヤリイカがのってきました。

はじめて、魚探の反応でイカを釣ることができました(^^)
aP1175320.jpg
今後の釣果に期待です

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ
にほんブログ村

H22.1.11
aP1115255.jpg
まん丸のふぐが、イカツノに(ばか!)
aP1115270.jpg
aP1115280.jpg
2010. 01. 10  
イカ釣り・・・空振り (H22.1.10)

ヤフーの釣り情報では、天気:みぞれ~曇り 波0.5m 風:西北西1mということで、氷見沖までイカ釣りにいくつもりで家をでました。

 海に着くと、北東の風が強く、うねり+先のとがった波が立って、とてもじゃないが出撃できる状態じゃありません。
 しかし、天気図は等圧線が広がっているので、この強い風は一時的なものではないかということで、車の中でラジオを聴きながら待つことに。

 すると、その予感は的中し、風向きがかわってきた途端に風がやみました。
 とりあえず、風が止んだので出撃したのですが、ピッチの短いうねりがひどく氷見沖までは行ける状態ではないので、庄川河口でタチウオ釣りに変更です(サバの切り身持参してましたから)

 タチウオ釣りの船は少なく、うねりもひどかったのですが、仕掛けを投入。うねりがあるので、パラシュートアンカーは投入せずに、船を操船しながらの釣りです。
 遊魚船もいたのですが、さっぱりの様子。こちらも、魚信もなくさみしい釣りです。
aP1105358.jpg
 時間をもてあましてきたので、サバの切り身を海鳥たちにふるまってやることに。するとあたりはうみどりだらけになって、船を移動させると、後ろを編隊をくんでついてきます。1回だけ、手から直接やることに成功しました。
aP1105488.jpg
 つりを終了して、港にもどることにしたのですが、結局、港の中までお見送りいただきました。
aP1105492.jpg
本日の釣果です(^^;)
 明日の、お天気は今日同様、釣り日和のようなので?、イカ釣りにリベンジします。(でも、午後からは在所の総会があるのでそこそこにして帰ってきます。

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ
にほんブログ村

左義長(さぎちょう) H22.1.9
刈り取り跡の残る田などに長い竹を三四本組んで立て、そこにその年飾った門松や注連飾り、書初めで書いた物を持ち寄って焼く。その火で焼いた餅を食べる、また、注連飾りなどの灰を持ち帰り自宅の周囲にまくとその年の病を除くと言われている。また、書き初めを焼いた時に炎が高く上がると字が上達すると言われている。BYウイキペディア

 在所で、左義長がありました。児童クラブの父兄が準備されます。
 竹を切りだして、先端を番線で縛り、ロープを使ってたち上げます。その中に豆がら・ワラなど良く燃える物を詰め込みます。

6年生がたいまつを使って火をつけると、瞬く間に燃え上がり、火柱があがります。
aP1095260.jpg

aP1095274.jpg

aP1095299.jpg

aP1095301.jpg

そこに、書初めで練習した紙を竹の先端に縛りつけ、燃やすと、勢いよく舞い上がります。(児童クラブのみなさんごくろうさまでした(^^)
aP1095333.jpg
炎の騎士 降臨!
aP1095340.jpg

2010. 01. 01  
みなさん 新年あけましておめでとうございます
aP1015191.jpg
 大晦日から本格的に降り始めた雪がまだ降り続いています。
 庭の中やら、船の上は雪だらけになって、雪よかしが大変です。
aP1015197.jpg
aP1015198.jpg
今の船は、車重がけっこうあって、人力で動かすのが大変です。地面に少しでも雪の塊が残っているとびくともしません。(前の船なら少々のでこぼこでも動かせたのですが)
雪の中から引っ張り出すのは、デリカで無理矢理でも出来るのですが、元の場所に納めるのは人力なので往生こきます。

しかし、冬は寒くなければいけません。
 なぜなら、寒くならないとイカのシーズンが始まりません。

 ジャスコ砺波店には、氷見産のスルメイカが1杯380円で売っていました。値段が高いので数はとれていないようですが、氷見沖にはスルメイカがいるはずです。

 ここ最近の暖冬の影響で、スルメイカは今ひとつです。シーズンの始まりが遅くて、シーズンの終わりが早い年が続いています。感覚的には、海の水が冷たくならないと、スルメイカが南下できないような気がします。

 実は、12月29日に氷見沖へイカ釣りに行ってきました。
 天気予報的には、波・風ともにおだやかな予定だったのに、実際には大変でした。

 風は思ったより強く、波は、ピッチの短い先のとがった波で、船は、飛び上がるし、波に突っ込んで、スプレー浴びまくりでやっとの思いで、氷見沖のポイントまでたどりつきました。

 ポイント付近には、イカ目的の船がいたのですが、釣れていないようで、すぐに移動していきました。
 魚探の振動子を、トランサムに固定して初めての釣行で、イカの群れが拝めるかと期待していたのですが、群れがいないのか、いても写らないのか不明ですが、何も写りませんでした。(しかし、安定して底はとれていました。)

 せっかく、たいへんな思いをしてポイントへ来たので、早速、イカツノの仕掛けを投入することに。パラシュートアンカーが効いていて糸はまずまず立っていました。でも、潮の流れがあまりないのか、仕掛けをあおってみても、あまり抵抗がありません。

 それでも、仕掛けをしゃくりながら巻き上げていたところ、イカの魚信が伝わってきました。やったぁということで、慎重に巻きあげたら、まずまずのスルメイカが。
 GPSのポイントをたよりに、イカをもとめてうろうろしたのですが、結局2杯で終了。
aPC295180.jpg
 庄川の河口まで戻ってくると、太刀魚釣りの船団がやはりできていました。しかし、太刀魚釣りはもういいかなということで、釣っている皆さんの様子見だけで帰宅しました。

 今後の、寒気に期待です。(でも、雪はそこそこにしてほしいです)
にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ
にほんブログ村
プロフィール

ぶんぶん丸船長

Author:ぶんぶん丸船長
引き寄せの法則を信奉し、日々ポジティブ?に

最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム