2010. 05. 29  
黒鯛釣れました(^^)/// (H22.5.28 金)

仕事 終わってから黒鯛釣りに行きました。

海の状況は、北東の風3m 波1.5mとあまり良くない予報です。
それでも、この土日は出撃できないので行くことにしました。

前回の道具と異なる点は、3Bの電気浮きが壊れたので、1号の電気浮きになったという点です。

まだ、明るかったので、沈みテトラが見えました。いつも、根掛かりする場所には、浅いところにテトラがありました。
夜釣りするときは、明るいうちに下見をしておくことが大切です(あたりまえか?)

ささっと、準備をして竿を出すことに。
まもなく、魚信があり、7~15cmほどのメバルが、10匹ほど釣れましたが、さばくのがいやなので、すべてお帰りいただきました。

その後、ウグイ・ウグイときて、40cmのボラが続きました。
でも、ボラで黒鯛の到来を予感しました。

なぜか、ボラの後に黒鯛が回ってくることが過去の経験からすると多いのです。
しばらくすると、やはり黒鯛がきました。予感的中です。

干潮が19:00頃だったので、満ち潮とともに潮が動き、だんだん、時間とともにつれないモードが強くなってきました。
干潮・満潮の潮がゆるむときが、やはり爆釣モードのような気がします。

ふぐの猛攻を受け始めた中、さらに1匹黒鯛を追加できました。

今回も、いくつかトラブル発生です。
 ①竿のエンド部分のキャップがなくなり、下からするすると柄が抜け出して運ぶとき大変でした。
 ②1匹目の黒鯛ゲットの時、網に水中おもりが絡まってしまい、結局外せずに、しかけをやりなおすことに。
    爆釣モードを逃がしてしまいました
 ③リールのバックフラッシュが3回(糸がぴんぴんしているので、糸のテンションがゆるむとすぐ糸が出ていきます)
 ④波が強く黒鯛をストリンガーでつないでいたら、波にもまれて、黒鯛に傷がついた。(最初からクーラーボックスに入れておけばよかったか?)
aP5286121.jpg

釣った、黒鯛はクール宅急便で旅にでました。

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
スポンサーサイト
2010. 05. 26  
黒鯛釣れました(^^)(H22.5.25 火)

仕事 終わってから黒鯛釣りに行きました。

今回は、前回の反省点をすべて、対応しての釣りです。

1 リールの糸を、交換して可動部にマリン用オイルをスプレーしました。
2 竿に、防水スプレーをしました。
3 別に買ってあったライフジャケットに、黒鯛関係一式寄せ集めました。
4 1.75号と1.5号のハリスに 遠投用針4号を結んで各4本ずつ持って行きました。7
5 発光ダイオードのヘッドライトを買って行きました。
6 水中おもり3B、0.8号、1号取り混ぜてと重さ0のスイベルを買いました。

いつもの、テトラに着いたのは、夜の8時ころでした。

今日は、一日中、雨が降ったりやんだりのあいにくのお天気でしたが、ヤフーの天気予報では、夜中に少し晴れるとあったので出撃したわけです。
さすがに、悪い天気の晩ということで、ほかに釣り人はいませんでした。

風も波もなくまずまずのコンディションのようです。
車で、一通りの準備を整えて、テトラポットの上へ移動

さっそく、コマセをまいてその中へ仕掛けを投入。
何回か、それを繰り返していたとき、浮きが沖へ一気に走り、合わせると、黒鯛がヒット!

黒鯛の引きを楽しみながら、網の中へ、   意外と大きいかもです。

しかし、爆釣タイムの終盤だったようで、後が続きませんでした。
釣れるのは、ウグイばかりで、10時過ぎには、潮が沖から岸に向かって流れはじめ、終了です。
(クラッシャ-のオキアミ2kgと 集魚用コマセを持っていったのですが、半分しか作りませんでした。)

12時前には、家についてまな板の上にのせてみると、37cmということでまずまずの型でした。
aP5256073.jpg

次回は、潮の干満の時間を確認して出撃したいと思ってます。

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

電気浮き テトラポットに何回もぶつけたせいか、割れてしまいました  残念!
2010. 05. 23  
ようやく黒鯛釣れました(^^)(H22.5.21 金)

ばたばたしていた仕事も少し出口が見え始めたので、気持ち的に花の金曜日という感じです。
先週、先々週と黒鯛釣りに出撃していたのですが、小さいメバルやら、サワラやら坊主やらで撃退されていました。

日曜日は天気が悪くなるとの天気予報なので、今日しかないということで、勤務時間終了とともに速攻で釣具店へ
前回、オキアミに加える集魚用の配合餌にたくさん「麦」が入っていたので、投入の際、粘りがなくばらけて往生したので、今回は粘りのあるのを購入

自宅にもどり、フカセ釣りの道具一式を車に積み込んで、いつもの新湊漁港の外側のテトラへ
たくさん、釣り人がいるかとおもいきや、さっぱりいません。

釣れてないのか・・・と心配になりましたが、気をとりなおして竿を出すことに。
波は全くなく、風も弱いので期待が持てそうな雰囲気です。

丸い電気浮き+水中おもりの組み合わせのしかけです。
しかけを投入してコマセをまいて魚信を待ちます。

だんだん、暗くなり本番という感じです。
しばらくすると、魚信があり、合わせるとヒット! でも、もそもそとしか走りません・・・
残念ながら、30cmほどの「ウグイ」でした。針をはずして丁重に海へお帰りいただきました。

そんなやりとりを続けて、夜8時過ぎに、潮の流れがぴたっと止まりました。風もぴたっと止まりました。
爆釣タイム到来という感じです。

かつて、同じような状況で、同じ場所で5匹黒鯛を釣り上げた時にそっくりです。
期待しながら、魚信を待っていると、黒鯛独特の浮きの動きがあらわれました。

浮きが、もそもそと沈み、しばらく待って合わせたところ、ピューっと走り始めました。
黒鯛のお出ましです。しばらく慎重にやりとりして、網の中へ

今年初めての黒鯛で、大変うれしかったです。

その後、1匹が続いて釣れた後に、トラブル発生です。
船長の竿は、ガイド付きの安物の磯竿で、よく、道糸が竿先に絡まります。(腕のせい?)

爆釣タイムなのに・・・  竿を縮めて糸を外しますが、その時、手元のリールで糸がもやもやになっているのに気がつかず巻いたところ、リールの中に糸を巻き込んでしまいました。
うー 最悪   さらに、ヘッドランプの電池が急に弱くなり、最後は全くの闇夜に。

爆釣タイムなのに・・・  明かりがなくなったので、車までもどってしかけのやり直しです。
でも、爆釣タイムはまだ終わっていませんでした。さらに黒鯛1匹となぜかフクラギ一匹を追加

10時頃か、風が吹き始め、潮が動き始め、爆釣タイムが終了しました。12時過ぎまで糸を垂れてみましたが何も釣れずで帰宅。
aP5226069.jpg
爆釣タイムのトラブルがなければ、あと2~3匹釣れたような気がしました。
久々の黒鯛釣りで、かなり、いろいろもたもたしました。(最近、老眼が入り始めているので、暗いところでの仕掛けを作るのに苦労します。)

システマチックにスマートな釣りができるように、黒鯛用の戦闘態勢をととのえて再度挑戦したいと思います。
(釣っている最中に、竿がぬれてくると、竿先に道糸がへばりついてきて、仕掛けがとばなくなってきます。そこで、中通しの竿を買おうかと思っていました。ネットで調べたところ、中通しの竿はよけいに道糸がへばりついて、最近はほとんど敬遠されているとのこと。買わなくて良かったと思いました。竿先に撥水剤を塗ってみます)

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

庄川の雪解け水が、なくなってきたので黒鯛の行動範囲が広まってきたという感じがしました。
2010. 05. 05  
カレイ釣りと福野の夜高あんどん(H22.5.2-3)

今日は、朝からいいお天気で、釣り日和です。でも、カレイねらいなので、早朝からの出撃ではなく、ゆっくりです。

波・風ともにおだやかで、命の洗濯です。
ポイントの定置網にはたくさんのカレイ釣りのふねが集まっていました。

さっそく、船長も参戦です。
コマセかごの下に、カマス用のサビキ針をつけて、1個200円のオキアミをコマセにしています。

今回は、なかなか食いが渋いようです。3匹は釣れることはあるのですが、鈴なりというわけにはいきませんでした。
それでも、良型のが混じってくるので、そこそこには満足でした。
(よく釣れていた人は、針に大型?のオキアミをさし餌にしていました。)

釣りを終了して、漁港内で漁船の塗装をしているおじさんとの話しでは、海の水が冷たくなっているので、今月いっぱいは魚釣りは期待できないとのこと。
確かに、それは毎年のこととして記憶してます。

気温が高くなって、山の雪が一気にとけ始めると冷たい川水が一気に富山湾内に流れ込みます。
庄川を横切るときに、冷たい風を感じたり、手を洗うときの水の冷たさからもそれを実感します。

結局、5月2日は35匹  5月3日は25匹とカレイ釣りにしてはさみしい釣果でした。
aP5026095.jpg

サワラが、富山新港内で釣れている情報もあったので、行ってみました。
aP5026050.jpg
何種類かのジグをためしてみたのですが、お昼になっていたため、釣れませんでした。

岸には、10人程度がジギングしていましたが、やはり今ひとつのようでした。でも、朝まずめ・夕まずめには釣れると思います。

何か、海のイベントをやっているようでした。
aP5026070.jpg

富山県の海洋実習船「雄山丸」の乗船会が行われていたり、内川にはたくさんの大漁旗が飾られていました。
(内川沿いに空き家があれば、前線基地としてほしいのですが)
aP5026091.jpg
5月1日と2日は福野町(南砺市)の夜高祭りだったので見に行きました。
2日は、夜10時半から、夜高どうしがけんかするので、それを見に行ったわけです。
aP5026110.jpg
狭い町屋の通りを夜高どうしがすれ違うときに、相手の夜高あんどんを壊し合いします。
夜高あんどんの高い屋根に、若い衆がのっているので、落ちないかと心配になります。
aP5026163.jpg
砺波平野では、福野以外でも夜高祭りが行われます。
 小矢部市津沢町は 毎年、6月第一金・土曜日 
 砺波市出町は   毎年、6月第二金・土曜日 
 砺波市庄川町は  毎年、6月第一土・日曜日 
で開催されます。個人的には、津沢の夜高が気にいってます。
これら3つの夜高は、福野と異なり、夜高どうしをぶつけるけんかをします。

津沢の夜高は、あんどんが大きいのと、前の吊り物が、ばきばきと壊れる様が迫力的です。
是非、ご覧ください。

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

触ると痛い、カツオのエボシ
aP5026045.jpg
2010. 05. 02  
第45回高岡市チューリップ切花コンクール(H22.5.1)

第45回高岡市チューリップ切花コンクールがウイングウイング高岡で開催されました。
船長はコンクールの審査員です。

今年は、寒いお天気続きでチューリップの開花が遅れたおかげで?切花の状態と品種数は多かったです。
促成栽培の切花と違って、露地でじんわりと育ったチューリップはボリュームがあります。
aP5016018.jpg
促成栽培の切花コンクールは、珍しい品種が多数出展されるのですが、この時期は珍しい品種が少ないので審査に苦労します。
とはいうものの、金賞3点・銀賞3点・銅賞12点を他の審査員と苦労しながら選びました。
受賞者は北日本新聞等で発表されるのでご覧ください。

出品された中でもおもしろいチューリップを紹介します。

メリーゴーラウンド
中心の花の下に小さいつぼみが複数つく特徴を持っています。
 たくさんつぼみの付く品種ではベアリングポイントという品種もあります。
 ベアリングポイントは、小さいつぼみがぐるりと中心の花を取り囲みます。
aメリーゴーラウンド

イエロースパイダー
 ユリ咲きの八重咲き品種です。高岡では促成切花で生産されています
 よく似た品種で、モンテスパイダーという品種もあります。
 花びらの細い八重咲きをスパイダー咲きというようです。
aイエロースパイダー

エキゾチックサン
 フリンジ咲きの八重咲き品種 (フリンジ咲:花弁のへりにきざきざが入る品種)
 花の直径が10cm以上ありました(ボリュームに圧倒されました)
aイエローサン

バラードホワイト
 しゅっとした姿が人気の高いユリ咲き品種 促成切花での人気高いです
aバラードホワイト

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

高岡市では、5月1日は毎年、高岡御車山[みくるまやま]祭が高岡駅前を中心に開催されます。
屋台もたくさん出ますし、ウイングウイング高岡前では、大道芸などのイベントもあります。
aP5016041.jpg

チューリップを語る会では、その会場を飾るチューリッププランターを毎年250個も展示します。
今年は、天候の影響でまだつぼみのものもありますが、5月6日の連休明けには撤去となります。
がんばって咲け チューリップたちよ!
プロフィール

ぶんぶん丸船長

Author:ぶんぶん丸船長
引き寄せの法則を信奉し、日々ポジティブ?に

最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム