2010. 07. 26  
貧果 (H22.7.24 土)

新しい魚探を取り付けたので、一応、スナイソメは持参しますが、底物狙いで出撃しました。

豆あじが釣れれば、生き餌で釣ろうかと思い、オキアミとサビキで万葉埠頭沖の一文字の端で豆あじを狙うも気配なし。
豆あじ確保を諦めて、持参した冷凍豆あじとイワシで、前回オニカサゴが釣れた定置網へ。

しかし、魚探の振動子の調子がいまひとつで、魚探が使えません。
残念ですが、感で釣ることに。

風の方向が今ひとつよくありません。南風が吹いているので、定置網の綱を横切るように船が流されて、綱を止めている根に近づけません。
エンジンをかけっぱなしにして、操船しながらの釣りです。

2回ほど餌のイワシが頭を残してかじられましたが、残念ながら針がかりしませんでした。

定置網の反対側に移動して釣ってみたところ、魚信があり、まきあげてみると、カレイが・・・・
うー カレイ釣りたくねぇ ということで底物釣りは終了。

このまま帰るのも何なので、キス釣りを。
しかし、風が強くて、プラスチモのシーアンカーでは底をとるのがやっとでした。

気合いが入っていないせいか、キスも全然気配がありません。
だんだん、風が強くなってきたので、キスもあきらめました。

港にもどって、魚探のマニュアルを見ながら、さわってみるのですが、さっぱりです。
振動子が反応していないのか、画面が全然、スクロールしません。
結局、期待の魚探は不発のまま終了。

まったく、残念な釣りとなってしまいました。
持って行った、餌の方がりっぱです。
aP7246398.jpg


にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
スポンサーサイト
2010. 07. 22  
NAVIS NF560 届きました (H22.7.21 水)

新しいGPS魚探が届きました。
さっそく、開封してバッテリーにつないで、デモモードでいろんな画面を試してみました。

GPSと魚探・その他の画面の分割表示
aP7226387.jpg
魚の反応した深さを表示するフィッシュマークなど多機能です。
aP7216385.jpg

ただ、問題は振動子を船のトランサムへの取り付け作業が残っています。
まぐれでいいので、一発で、角度が決まってくれることを祈っています。

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
2010. 07. 20  
shogo様 (H22.7.20 火)

お問い合わせの件ですが 遊動式の仕掛けというのだと思います。
天秤の腕の間に、タルカンを1個はさんでくと、天秤の腕の間をタルカンが動く仕掛けです。
aP7206378.jpg

前当たりというか、かなりびりびりと魚信が手元にひびいてくるので楽しいです。
腕のある天秤ならできるので試してみてください。

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
2010. 07. 17  
キス+オニカサゴ (H22.7.17 土)

1週間があっというまに過ぎて、すぐに週末がやってきました。
3連休の初日ということで、やはり、出撃しなければならないでしょう と いうことで出撃いたしました。

キスは、少し、食傷気味ということで、いろいろと試して見たいことをやってみることに。

その1 
 キス釣りの仕掛けを道糸直結(遊動式)に
   いつもは、天秤の先にハリスをつけていたのですが、直結にすると、前あたりが感じられて合わせることができると、「第三ダボハゼ丸釣りバカ手前船頭の独り言」さんのブログにのっていたのでやってみました。
   確かに、いつもより魚信がストレートに手元に直接はっきりと伝わってきました。
   これは、有効ということで、今後はこの方法をキス釣りに採用することにします。

その2
 マゴチを釣る
   ピンギスが釣れたので、泳がせ釣りをやってみましたが、残念ながらマゴチはきませんでした。
   まだ、大きくなっていない?のでしょうか。

その3
 沖の定置網付近で、底物を釣る
   砺波のジャスコで、豆アジを購入しておいたので、それを餌に底物を釣ることに。
   3本針の胴付き仕掛けに豆アジをつけて、約90mの海底へ投入。

   魚探なしの釣りなので、適当に船を流すことに。
   定置網を固定するためのおもり用の石付近についているオニカサゴをイメージして。

   すると、いきなり、キター
   小さい、両軸のリールなので、巻き上げるのに時間がかかりましたが、楽しい時間でした。
   オニカサゴの姿が見えたとき、「いやいやいや  本当に釣れたわ」と感激。
aP7176313.jpg
   次に釣れたのは、1mくらいの長さの、ハモ?のような魚が。
   さわってみるとぬるぬるしていたので、ハリスを切っておかえりいただきました。

   胴付きのしかけを1本しか持っていなかったので、天秤の仕掛けに交換して投入。
   すると、えっ? 根がかりと言う感じでしたが、竿をあおると魚信が。
   しばらく、竿をあおっていると、魚が根から離れた手応えが。

   よっしゃー ということで、えんやとっととリールを巻いている途中で痛恨のばらし・・・

   その後、1回同じようなことがあり終了ということに。

(天秤のしかけは、底物の魚信がシビアにとれないので、根にもぐりこまれるような気がしました。)
   胴付きしかけの方が良いと思われます。

   いずれにしても、ぶんぶん丸でオニカサゴを釣ることができたのは大きな収穫でした。

   そうそう! 夕べついに、新しい魚探を買ってしましました。
   GPS付き魚探です。
   底物を表示できるとかあったので、底物に挑戦してみようと思います。

本日の釣果です。
aP7176326.jpg
良型のキスが釣れたので、刺身にしてみました。
aP7176330.jpg
骨は、当然 唐揚げです。
aP7176350.jpg
あと、オニカサゴは刺身と残骸は煮付けに
味付けはきわめてシンプルに。 醤油と砂糖とショウガだけです
aP7176345.jpg
この中に、刺身の残骸を投入
aP7176341.jpg
落としぶたを入れて5分ほど煮て終了
aP7176348.jpg
オニカサゴのひれは、干して乾燥させたものを、火あぶって日本酒の中へいれると
これがまた最高のだしが出て 骨酒になります。
aP7176346.jpg

PS 刺身は結局 食べきれなかったので昆布締めにして明日以降に

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

夕べ10時頃 雷がすごい勢いで、稲光と雷鳴をとどろかせていたので、外へ出て写真にとってみました。
まさに、大気の状態が不安定といった感じでした。
aP7166306.jpg
本日 梅雨があけました。
海の上で梅雨明け宣言を聞きました。たしかに、太平洋高気圧を感じることができました。
夏はやはり、暑くなければいけません(^^)/
aP7176320.jpg




2010. 07. 10  
キス 微妙に爆釣Ⅱ (H22.7.10 土)

先週は、海洋資源調査ということで2週間ぶりのキス釣りでした。
九州では、大雨が降って大変なことになっているようですが、ここ富山は今のところ被害の出るような大雨は降っていません。

しかし、昨日は、局所的ではあってもバケツをひっくり返すような雨が降ったので、油断できない感じです。
今日は、昨日の不安定なお天気を微妙に引きずった感じでしたが、まずまずの釣り日和となりました。

今日は、ゲスト3人を迎えてのキス釣りです。
aP7106280.jpg
ゲストがいるということで、最初から爆釣モードに入りたかったので、前回、魚影の濃かったポイントから釣りはじめました。

しかし、爆釣とはほど遠い状態で、少し、申し訳ないモードといった感じです。
まわりの、遊漁船も同様の感じで、あっち行ったりこっち行ったりです。

こちらも、釣れないので、場所を移動しながら、キスの居場所を探りながらの流し釣りです。
本当に風の強いときや深場の釣りではプラスチモのシーアンカーでは駄目ですが、微妙に風があって、10m程度の浅場ではちょうど良い感じで船が流れました。

プラスチモのシーアンカーは取り扱いが楽なのが、最大の取り柄です。

GARMINのハンディGPS(GPSmap76)は、潮の満ち引きによる魚が釣れる時間帯を表示する機能が付いています。
それによると、7月10日は
  ベストタイム  8:52~10:52     21:24~23:24
  グッドタイム  2:41~ 3:41     15:03~16:03

とありました。

4時30分に港に集合し、釣り始めたのが、5時少し前で、その時間帯は、ベストタイムでもグッドタイムでもありませんでした。
風で船は流されていたのですが、確かに、潮の加減は良くないという感じが、海から伝わっていました。

結局、早朝から海の上にいたのですが、ベストタイムまでの時間つぶしだったような感じがしました。
8:52~10:52のベストタイムには、確かに爆釣モードに入りました。

釣りはじめの時間帯は、朝まずめで釣れるはずと思っていたのですが、時間帯よりも、潮の加減が釣果に大きく影響することを学習した1日となりました。

ところで、ゲストの皆さん キス釣りは楽しんでいただけたでしょうか?

本日の釣果です。
最初、どうなることかと思いましたが、爆釣タイムに数が伸びて、キスは59匹まで行きました。
キスは、晩ご飯の唐揚げの分以外はすべて、おすそ分け。ベラの大きいのとカサゴは刺身、ベラの小さいのは煮付けに。
aP7106289.jpg

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

マゴチ釣れましたー
aP7106286.jpg
2010. 07. 04  
富山湾海洋資源調査報告 (H22.7.4 日)

今日は、久しぶりに富山湾海洋資源調査に行ってきました。

朝、五時に氷見の矢田釣り具店に集合し、いつもの「えばた丸」に氷見漁港から乗船です。
天気は、梅雨前線の影響で、昨日からの雨続きであいにくのお天気です。とはいうものの、寒いわけではないので、化繊の半袖・半ズボンに雨合羽でまったく問題ありませんでした。

餌は、イワシに小アジの混じった生き餌なので期待がもてます。
最初、氷見漁港を出発し、虻が島方面のポイントを探りながらの調査となりました。生き餌を使っているにもかかわらず、全く調査結果が伸びてきません。

潮の状態が良くないのか、全く気配がありません。虻が島付近まで足をのばしたところで、反転し、雨晴方面へ。
定置網付近のポイントに入ったところで、沖メバルがぞろぞろと釣れ始め、調査隊員のクーラーボックスもそこそこの状態に。

今回の調査は、電動リールではなく、PEを巻いたスピニングリールのライトタックルで参加したので、90mの海底から3匹を巻き上げるのにはさすがに苦労いたしました。
本日の釣果は以下のとおりです。
aP7046252.jpg
根魚って、みんながさばける訳でないと思うので、すべて、刺身にして、昆布締めをつくりました。
そして、ご近所におすそ分けということに。
晩ご飯では、刺身と残骸の煮付けにしたのですが、白身の魚なのに脂がのっていてなかなかのものでした。

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

底物釣りには、魚探が必須アイテムですよね。今、乗っている船には、葵ソニックのSDV-830というGPS魚探がついているのですが、60mくらいまでは、海底がトレースできるのですが、それ以上になると・・・
トランジューサーもトランサム式に交換してみたのですが、飛躍的な改善には至らず。
さらに、内蔵のマップが、富山湾をカバーしていないので、・・・

いっそのこと、新しい魚探を・・・
NAVIS NF560 ほしいです
プロフィール

ぶんぶん丸船長

Author:ぶんぶん丸船長
引き寄せの法則を信奉し、日々ポジティブ?に

最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム