2010. 08. 28  
海の上も猛暑2 (H22.8.28 土)

今週は、水曜日と木曜日に午後からスコールが降って、厳しい残暑も終了かという期待も虚しく 海の上は猛暑でした。

風が微風で、むしむしした空気に包まれて、太陽の照り返しで 海面からあぶられて それはそれは暑いです。
暑いせいか、釣れていないせいか、出撃している船の数は少ない感じです。

しかし、新しい漁探の性能を試したいのと、使い方をマスターしたいのとで今日も出撃しました。

出撃準備として、船本体のバッテリーと漁探のバッテリーを充電しました。(さすがにセルは勢いよく回り エンジンもばっちりかかりました。)

いつもの港から出撃し 庄川と小矢部川の河口にさしかかると、フィッシュイーターにいじめられたイワシがくるくると水面を回っています。今回は、このイワシをすくうために網目の細かい網を持参しました。
くるくる回るイワシの周りをくるくる回りながら、3匹ゲットしました。

行き先は、前回と同じ 舞子付近です。
オニカサゴ釣れんかな ということで、GPSと漁探を見ながらかつて釣れた場所周辺を流すのですが全く 漁信なし。

そこに えばた丸がやってきました。様子をうかがっていると さすが えばた丸 沖メバルを釣らせています。

岸の方向には まだ設置してある定置網があるので イメージとしては、定置網を固定してある袋詰めの石付近についているオニカサゴがつれんかなという感じで 漁探を見ながらポイント探しです。

途中 魚群と定置網のロープを間違え 仕掛けを引っかけるなどの若干のトラブルはありしたが、石についているオニカサゴをイメージして定置網付近を流しました。
すると 待望の漁信があり 注意深くまきあげると 沖メバルでした。 オニカサゴではありませんがうれしい魚ゲットです。
aP8286673.jpg
その後 もう一匹の沖メバルを追加しました。 
漁探に強い反応が出たので その深さを攻めてみると サビキに豆アジがくっついてきました。(けっこう深いところにいました)

今年は、イワシがたくさんいる様な感じがします。
と いうことは、フィッシュイーターの皆さんが大きくなるということではないですかぁ。

ツバイソ コヅクラはまだ小さいようなので、釣ってもしょうがない魚(おいしくない)は釣らないようにして、今のうちに漁探のお勉強をして 底物をがんばって釣ることにします。

本日の釣果です。
aP8286683.jpg
刺身とざんの煮付けで十分な釣果です。(数釣りより 大きいのを釣れるようにがんばります)
餌の残りの豆アジはフライにして ご多分にもれずマリネです。


にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

海の金魚が釣れました。(なんでしょうかね?)
aP8286675.jpg
これは トラギス
aP8286669.jpg
スポンサーサイト
2010. 08. 22  
海の上も猛暑 (H22.8.22 日)

今日は、お客さんを乗せての釣行の予定でしたが、お客さんの都合が悪くなり単独釣行となりました。

連日の猛暑で、やや夏ばて気味でしたが、秋が近づいてきたせいか、体調は上昇傾向です。
朝 4時に起きると、日中の気温が嘘のようです。

お客さんがいれば、キス釣りだったのですが、豆アジを餌に底物狙いへ変更しました。
(新しい漁探(NAVIS NF560)の練習もしたかったし)

朝 一番に 少し冷や汗が・・・
久しぶりの釣行?でか バッテリーが弱っていたみたいで、エンジンが一発でかからないばかりか、セルが回らなくなりました。
少しバッテリーを休ませてから セルを回すと、なんとかエンジンがかかりました。補助エンジンを積んでおくべきかなと少し思いました。

万葉埠頭沖の一文字堤の外側には、船が10艘以上(キジハタ狙い?)密集して何かを釣っています。
何かは不明のまま、舞子の定置網跡へ直行。(途中、ツバイソ・コズクラ狙いの船が、定置網周りをうろうろしていました)

舞子の定置網跡のブイに係留している船の様子をみることに。
網カゴ+サビキで  沖メバルねらいのようで、15cm程度のが釣れていました。(あと、カレイも)

当船はGPSでオニカサゴが釣れたであろう場所を流すことに。
すると、まもなくクロソイがヒット! 漁探に反応はありませんでした。
aP8226649.jpg
あとが続かないので、漁探を見ながら、岸の方に船をすすめたところ、底はずっととらえることができました。
速度をあげても、50kHzはノイズがひどくなるのですが、200kHzは、ノイズもなくきれいに写りました。

50kHzと200kHzの両方を表示させると、両方の周波数の特徴がでて、魚群の感じをよくとらえることができました。
全く 文句なしです。

イワシのベイトがいるようです。海面にナブラはできていませんが、深いところで、沖メバルにだいぶいじめられたようで、海面には、傷ついてくるくる回りながら泳ぐいわしが、あちこちにいます。
小魚の反応と思われる固まりの下に、強い個体の反応が見えたので、速攻でしかけを投入すると、良型の沖メバルが釣れました。
aP8226657.jpg
群れは、すぐに移動してしまい、1匹どまりでしたが、漁探の反応を見てはじめて釣れたので大変うれしかったです。
群れを追いかけ、あちらこちらとうろうろしてみたのですが、群れはどこかへ行ってしまいました。

漁師?のおじさんも、今日は潮の具合がよくないということで、さっさとあがって行かれました。

砂イソメを持ってきていたので、少しキス釣りをしてみたのですが、9時を過ぎると、海の上といっても暑くて暑くて居られたものではありません。
風も弱く、本当に熱射病になりそうな雰囲気なのと、あまり釣れる気配がないので、10時すぎには終了。

いやいやいや この暑さは半端ではありません。 海水温も30℃もあるので、魚も夏ばてでしょう。
秋が近づいている気配はするのですが、残暑きびしい間は、早朝しか海の上に居られません。

本日の釣果です。
ソイとメバルは刺身 キスと餌の豆アジの残りは唐揚げにしてマリネに
aP8226663.jpg

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

小矢部川の河口で、日本海マリンの船舶免許教室に遭遇しました。(船長もお世話になりました(^^)
ブイを投入して、落水者の救出です。(落水者は無事救出されました よかったよかった)
aP8226658.jpg
aP8226659.jpg
2010. 08. 18  
漁師から花屋へ (H22.8.13 金)

8月13日(金)のお話です。

この夏は、猛暑日が続いて大変暑い夏となりました。
少し、夏ばて気味のせいか、魚を食べたいという気持ちに今ひとつなれません。

キスは食傷気味 ツバイソ・コヅクラも釣る前から・・・です。

今回は、船長の副業の一端を紹介します。
実は 花屋をやっているのです。

お盆の切花を 4月中旬から富山県内の3カ所で作っているのでした。

同じ苗、同じ施肥、同じ栽培管理でやっているにもかかわらず、3者3様の生育状況でした。

中でも、一番 うまくいった小矢部市の例を自慢します。

今年 4月は、昨年とは全く異なり、晴れた日がほとんどないあいにくのお天気まわりとなりました。
たまたま、4月15日頃に晴れた日があり、ほ場はあまり乾いていなかったのですが、畑の準備をしました。

畑が乾いていなかったので、うねに黒マルチをかけたり、苗を植えるのに大変 往生しました。

でも、畑に地力があったせいか、この くそ暑いお天気まわりにも関わらず、花は立派に咲いてくれました。

今年のお盆は、うまく週末にむかってくれたので、8月13日に花束を加工し、14日・15日の2日で販売することに。
12日は、来なくていい台風が接近して、また、花がぶっ倒れるのではないかと心配でしたが、幸いにも被害はありませんでした。

13日は朝5時に畑に集合して、花を収穫。(収穫前に、お花のお勉強会も実施)
花の収穫の仕方を伝授して、全員で一斉に収穫すると、あっという間に作業終了。
aP8136606.jpg
収穫した花を、S友営農組合の格納庫へ運搬し、下葉のかき方や組み方、ラップのかけ方などを講習
皆さん、初めての体験で、最初はとまどっていましたが、慣れてくると楽しみながらの作業に
aP8136608.jpg
11時頃には作業も終了し、たくさんのきれいな花束が完成。
完成した花束は、道の駅と村の駅で販売することに。
aP8136613.jpg
aP8136617.jpg
でも、作ってしまったのは良かったけれども、果たして完売できるかどうか心配でした。
その、心配は杞憂で、14日の午前11時には完売となりました。

春先から、いろいろと苦労しましたが、一気に満たされた気持ちになりました(^^)
来年も、切花を作ってもらえるように、これからが腕のみせどころです。

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

eroアマガエルの図  全部♂か?
aP8186643.jpg


2010. 08. 07  
フォレストフローラル 氷見あいやまガーデン(H22.8.某日)

8月某日 それはそれは暑い日 フォレストフローラル 氷見あいやまガーデンに行ってきました。
暑い日でしたが、空がとてもきれいな日でした。

昨年のオープニング以来、約1年半ぶりです。

オーナーは100年かけて完成させる構想の約100分の1の時間が経過したところです。
百聞は一見にしかずということで、写真をご覧ください。
園地を反時計まわりで歩きました。
まず、マナーハウスからスタートです
aP8056519.jpg
aP8056526.jpg
ここから眺める富山湾・立山連峰は最高です
aP8056480.jpg
aP8056484.jpg
aP8056488.jpg
新しく作られた、フィールドアスレチック施設。手造り感たっぷりです。ターザンロープもあります。
aP8056495.jpg
aP8056491.jpg
フォーマルガーデン コリウスで幾何学模様が描かれています。
乾燥に弱いコリウスががんばっていました。(水やり ごくろうさまです)
aP8056504.jpg
aP8056506.jpg
メインのローズガーデン
この暑い中 けなげにバラの花が咲いていました。
aP8056509.jpg
aP8056510.jpg
aP8056517.jpg
aP8056501.jpg
ようやくたどり着きました。
暑くて暑くて・・・ 館内の冷房が心地よかったです。グレープフルーツジュースとコーラで水分補給
aP8056525.jpg
aP8056534.jpg
にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
2010. 08. 07  
NAVIS NF560届きましたⅡ (H22.8.7 土)

新しい魚探に 少し不具合があり修理に出していました。
プログラムが正常にインストールされていなかったようでしたが、再インストールされて戻ってきました。

さっそく魚探を船に取り付け、メバル&オニカサゴ狙いで舞子の定置網へ出撃しました。
定置網付近にはたくさんの漁船が集まって何か作業をしています。
aP8076559.jpg
近づいていくと、定置網がなくなっています。
定置網についているメバルを魚探で見ながら釣ろうと思っていたのですが・・・
(よく思い出してみると、この定置網は冬の間設置されていて、5月頃には撤去されてなくなっていたような記憶があります)
(撤去する時期が遅れていたのでしょうか?)

でも、せっかく新しい魚探がついているので、さっそく魚探を使ってみることに。
最初は少し、状況に応じた使い方ができなかったので、底がとれなかったりしましたが、いろいろいじっているうちに解ってきました。

周波数 50kHzはより深く到達するので、50mを超える深さの場合50kHzを使わないと底がとりにくい感じです。
200kHzは深くまで届かないかわりに、到達する範囲では、漁探の反応がきれいにでるようです。

いずれにしても、50kHzと200kHzの両方の画面を並べて見ることができるので、両方の画面を表示させておけば問題はありません。

さっそく、漁探の反応を見ながら、豆アジを投入。
なんか、今ひとつ漁信がありません。
aP8076564.jpg
そうこうしているうちに、イカのような漁信が・・・
イカツノでないので、合わせるわけにもいかず、しばらく反応をみていたのですが、逃げていったようです。

しかけを巻き上げてみると、2匹のうち1匹は頭だけを残してあがってきて、1匹はそのままでした。
その時、怪奇現象が発生。

冷凍した豆アジを餌にしているのに、豆アジが動くではないですか・・・
えぇーーーー
aP8076569.jpg
よく見ると、やっぱり生きてます。
漁探の反応は、豆アジだったのでしょうか。 空バリに豆アジがかかったようです。

漁探を使って、初めて釣れたのはなんと、豆アジを餌に豆アジが釣れてしまいました。
その後、漁探の反応を見ながら あちこちをうろうろしてまわりましたが、この暑さで魚も夏ばてのようで全然だめでした。

50kHzは時速5kmを超えると、ノイズをひらいまくってさっぱりですが、200kHzはスピードをだしてもノイズをほとんどひらうことがありませんでした。

釣果はさっぱりでしたが、漁探の性能については満足しました(^^)

港の中は この暑さで海水が膨張して、桟橋が水没寸前です。
今日は この暑さですが立秋だとか
残暑も まだ続くようですが、梅干し食べて塩分補給し 夏バテを跳ね返しましょう
aP8076579.jpg

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
2010. 08. 02  
休漁 (H22.8.2 月)

先週は、研修で火曜日から金曜日まで、茨城県のつくば市へ出張していました。

何の研修かというと、GAPです。  ギャップといいます。
何の略かというと、Good Agricultural  Practice です。
どの様に訳すか・・・ 諸説あるようですが、 私が気にいってるのは、「良い農業の実践」

各県から約30名が集えば、夜は、楽しい宴会です。
飲み疲れてしまい土曜日はぐらぐら過ごし、日曜日は在所のソフトボール大会で休漁いたしました。

新しい 魚探が稼働していれば、海くらいは行きたかったのですが、修理に出したので気合いも入りませんでした。
あと、キスも食傷気味なので・・・ 

近所の 大阪屋ショップへ行くと、氷見産のガンドブリとフクラギ、1m弱のサワラが・・・
ジギングか潜行板で引きづりで狙ってみましょうか。

いずれにしても、魚探が無事もどってこないと、気合いはいりません。

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
プロフィール

ぶんぶん丸船長

Author:ぶんぶん丸船長
引き寄せの法則を信奉し、日々ポジティブ?に

最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム