2013. 06. 30  
キス釣りとタコリベンジ (H25.6.29(土)~30(日))

釣りガールを引き連れキス釣り H25.6.29(土)

昨年に引き続き、北営のKYさんとにーなさんを引き連れ、キス釣りに行ってきました。
aP6294188.jpg
安物の目覚まし時計が、全然関係ない時間に鳴り、その後、時間の再セットもできず、うつらうつらしていたら、微妙に遅刻してしまいました。

キス釣りは、今年初めてです。シーズンの最初の頃は、大抵、調子が今一つということが多いのですが、伊佳丸さんが先週 30匹釣ったとあったので少し期待していました。
この日は、職場関係のキス釣り大会の日だったので、漁港の外側にはキス釣りの遊漁船が船団となっていました。

その中に入ろうかとも思いましたが、一文字沖埠頭の外側のキス鉄板ポイントから攻めることにしました。
潮どおしが悪いのか、海水がどんよりして、ゴミや、ちぎれた海草やらが漂っています。

何か、だめな雰囲気が漂っています。
仕掛けを投入し、上がってきたのは10cmほどのマダイの子供でした。
その後、全然、生命反応が感じられない状況が続いたので、雨晴~松田江浜方面の鉄板ポイントへ順次移動。

たま~に、キスが釣れるものの、キス釣りでこんな開店休業状態では、あほらしくてしょうがありません。
気分転換に、ポイントを移動しますが、全然効果がありません・・・

そうこうしているうちに、に~なさんが船酔いでダウンし、に~なさんを陸に降ろして、キス釣り再開。
小矢部川の左岸方面を流しますが、やはり、激渋

万葉埠頭、沖一文字の内側を流してみると、少しだけキスが・・・
結局、船長、KYさん、各々20匹ほどでストップフィッシング。
気合を入れて、500円のスナイソメ3パック買って行きましたが、大量の在庫が・・・
なんなんでしょうか?

釣れなかった考察
①潮通しが悪い(そこたらじゅう、海草などのごみだらけでした)
②海水が冷たい(釣れたキスを触ると冷たかったです)

ゲストの2人には、もっと釣ってほしかったのですが、残念な結果に終りました。

そうそう!  ピコバスさんが新艇でついにデビューされました。
21フィートの船で、船の幅が広くてなかなかよさげでした。
この次、のせてくださいね~
aP6294189.jpg


タコリベンジH25.6.30(日)

土曜日に、懸案の仕事の切りが着いたので、日曜日は仕事に行かなくてよくなったので、出撃しました。
富山県出身で石川県在住の福井さんに連絡をとると、マダラ狙いで出撃するとのこと。
aP6304195.jpg
一緒に行かないか?とお誘いを受けたのですが、ぶんぶん丸で出撃しました。
しかし、行き先は同じです。

先週に引き続き、マダラ狙いです。が! 今回はマダラもそうなんですが、実はタコ狙いです。
仕掛けにのってくるものの、取り込み最中に逃げて行くタコをやっつけてやろうと思ってました。

マダラポイントに到着すると、波なしのべたべた、微風、かんかんでり・・・
先週と打ってかわって、暑い~ 状況です。
全く、アイパイロットの出番はありません。

錘にタコの仕掛けをくっつけ、海底を探っていきました。
ただの、錘でさえ、根掛かりする場所ですから、細心の注意をはらって・・・
もたれるような、感触があり竿先を上げると、魚信がありマダラです。
その後、マダラを1匹追加。

ついにタコが来ました。
タコの仕掛けにのってきているはずだから、仕掛けをゆるめない限り逃げられないはずです。
電動リールで、200m弱からまきあげていると、電動リールが加熱して止まりました。こんなの初めてです。

タコの姿が見えたので、確認してみると、タコの仕掛けにのっていました。
先週のと比較するとかなり小さめでした。

あの、巨大ダコを仕留めるべく、海底を探っていくと、痛恨の根掛かり!
むりやり引っ張ると、1個800円の錘が、「ぶちっ」と海底に・・・

こんなこともある、ということで気を取り直して・・・根掛かりです(^^;)
さすがに、180~200号の錘をロストしていては、コストがかかりすぎていけません

よって、巨大タコ成敗は、錘がもったいないので終了。

底ものを狙いながら、帰ることにしました。
いきなり、小さいもののクロソイげっと!これは幸先いいんじゃない?と思ったのもつかの間でした。
その後は、トラギス、トラギス、トラギス、ベラ、ベラでした。
最後に、イワシの餌にスルメイカがのってきました。こんなところにイカがいるのか~と新たな発見でした。

途中、舞子の定置網沖で遊漁船を含む船団があったので、様子をみるとサビキでミギス狙いでした。
船長は、ミギスはあまり美味しいと感じたことがないので、スル~です。
aP6304197.jpg

庄川の河口に太刀魚いないかな~と、少し期待しましたが、全くの無人状態だったので、さらにスル~です。

マダラの考察
なぜか、マダラは2匹しか釣れません。アオリイカのようにつがいでいるんでしょうか?
福井さんの船も、2人で2匹ずつ釣ったとのこと。不思議ですよね~
船長は、3週連続で2匹でした。

本日の釣果です。
aP6304203.jpg



にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ トレーラブルボート釣りへ
にほんブログ村



FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト
2013. 06. 23  
大ダコと格闘 (H25.6.22(土))

今日は、雨・曇・晴れの混じった(午前中は雨、午後から回復、西風・東風)天気予報の中での出撃となりました。
朝一は、まさに波もなく、ほぼべたべた状態でした。この状況なら、先週のマダラポイント(約24キロ)まで30分あまりで着ける
という感じでした。

庄川河口から、沖に進路を勧めると、どうも青物がいるようでした。
ナブラがわいているわけではないのですが、魚があちこちで飛び跳ねています。
少し、寄り道ということで、ジグを遠投してアクションをつけて引くと、さっそくヒット!

正体は、サワラでした。けっこう良型で脂ものっていそうなサイズ。これは、4~5匹は持って帰ろうということでしばらくジギングタイム。
魚がどんどん移動するので、船で群れを追いかけてはジグ投入という感じでした。

船にサワラを抜き上げると、口の中からは4~5cmのイワシが出てきました。

今回の釣行・・・ 実は活け締め用の道具を持参していました。
釣ったサワラの眉間に、ざっくりと千枚通しのような道具を突き刺し、即殺!
エラの上の方の薄い膜をナイフで切り、海水を入れたバケツに入れ、放血!
放血が終了したら、頭部にあけた穴から、ワイヤーを背骨に通して、活け締め完了!

思いの他、簡単に活け締めすることができました。
背骨にワイヤーが通った時、死んでいる?魚が、びくびく!っと動くとなぜか、「ぞわぞわっ」とするのは何故でしょう。

ということで、活け締めをしたサワラ6匹ゲット。
再度、マダラポイントに向け出発。(途中、いけどもいけどもサワラが大騒ぎ状態でした)

延々と走り続けて、到着すると、海の状況は一変!
南東の風が強くなって、白波が立ち始め、さらに雨もついてきました。

ミンコタは、フルパワーの10で、ポイントロックが解除されるような状況に・・・
こんな遠いところまで来たのに、なんですか~ このお天気は~
帰ろうかな? という考えが頭をよぎりましたが、こんな中、ひどい目にあいながら帰るのもどうか?ということで釣りを続けることに。

そうこうしているうちに、西の空が明るくなってきました。ラッキーって感じです。
aP6224152.jpg

最初、100号の錘を使ってみました。120mくらいまでは、すんなりと仕掛けが落ちていくのですが、そのあとが遅くて遅くて・・・
ということで、やはり深場の釣りは180~200号の錘が必要です。

仕掛けを海底までしずめ、底をとりながら、流しづりしました。
すると、マダラのごつごつっという魚信があり、マダラゲット!
さらに、もう1匹追加しましたが、マダラの時合は、2匹で終了しました。
(マダラも、当然、活け締めしました。やみつきになりそうです)

その後、ミズダコタイムに突入!

仕掛けが、なんとなくもたれるように重くなり、リールを巻くと何かがくっついている感触。
ミズダコです。最初、電動リールで巻き上げたのですが、途中でバラシ。

次は、絶対に手巻きで、回収してやる思っているところへ、再度、ミズダコがかかりました。
それがそれが、ものすごく重いんです。
竿を、じんわりじんわりと上げた分、50cmずつくらいしか上がってきません。これは絶対にブログネタのタコだと思い、30分ほどかかって、3mまで寄せてきたとき、痛恨のバラシです。
精根尽き果てるとはこのことでした。

気を取り直して、再度、仕掛けを投入すると、また、ミズダコ来ました。
2回も途中でバラして少し投げやりになっていたので、電動リールで巻くと上がってきました。
途中、バラしたような感触があったのですが、再度ハリがかりした手応えがあり、めでたくミズダコゲットとなりました。
aP6224161.jpg
この重さで、こんなに大きいミズダコなんですかから、さっきのは、多分たたみ一枚分の大きさがあった気がします。(オーバーです?)

午後からは、在所の皆さんと、氷見の民宿にいくことになっていたので、10時半ころにストップフィッシングし、帰路につくことに。
南東の風の影響で、スピードが25キロほどしか出せません・・・ (全然景色がかわらないので、途中、少しいやになりそうでした)やはり、24kmは遠かったです。(特に帰り)
(消費したガソリンは約16リットル  燃費は3km/㍑ でした)

帰路の途中、後ろから、黒い怪しげな雲が追いかけてきました。
aP6224167.jpg
雲の下は、明らかに土砂降りの様子。さらに、竜巻も発生しそうな雰囲気までありました。
aP6224171.jpg
aP6224173.jpg
船をトレーラに乗せ終えた頃に、大粒の雨が降ってきて、ラッキーでした(^^)

本日の釣果 マダラ2匹 サワラ6匹 ミズダコ1匹
aP6224178.jpg
さて、このミズダコ いかがしたもの・・・ ということで、アジコクさんに連絡をとると、捌き方を伝授してもえることになりました。
船長の自宅で、刺身の作り方を教えてもらいました。教えてもらったというより、ほとんどやってもらいました(^^;)
ありがとうございました(^^)


にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ トレーラブルボート釣りへ
にほんブログ村



FC2 Blog Ranking
2013. 06. 16  
富山湾海洋資源調査 (H25.6.16(日))

今日は、富山生まれの石川在住の福井さんのお誘いを受けて、海洋資源調査に行ってきました。
乗船したのはえばた丸ではなく、金剛丸でした。(金剛丸には初めて乗船します。)

第一便は、グループのキス釣りだったようで、第二便10時半出港でした。
小一時間ほど氷見方面に船を走らせ、到着したのは、大泊のさらに先だったかと思います。
aP6164139.jpg
調査のターゲットはマダラ一本です。
水深は240m。 よって、おもりは180~200号です。めっちゃ重いです。
餌は塩でしめたサンマの切り身。
(船長は、深場のタックルを持っていないので、おじさんに借りて行きました。)
さすがに、240mは仕掛けを降ろすのも、上げるのも大変でした。

最初のうち、全然気配すらありませんでした。
海底の起伏はかなり激しく、底どりしながらの釣りでした。

それでも、あまり船は移動しないので、ポイントは限られているようでした。
さらに、沈黙が続きます・・・・

マダラ いないんじゃない?と思っていたところ、他のお客さんがマダラを釣り上げました。
aP6164137.jpg
「お! いるんじゃない」と気を取り直してがんばりますが、やはり沈黙・・・

マダラの生態・習性今一つよくわかりません。
最初、三枚におろして、さらに縦に切ったものサバの切り身をそのまま付けていたのですが、どうも違うようです。
(釣れた人の餌は、半分くらいの長さでした。)
そこで、当方も餌を半分に切ってやってみると、さっそくマダラが来ました(^^)

240mから巻き上げるのはそれだけで一苦労でした。
借りてきた竿が、270cmの物干し竿のような硬い硬い竿なので、マダラが抵抗すると、バレるんでないかとひやひやでした。
なんとか、1匹ゲットしました。

マダラの顔を見ると、体のわりに口が小さい感じです。さらに口が弱そう。
よって、でかい餌はNG 巻き上げの時も無理は禁物、さらにテンションをゆるめるとバレるという感じでした。

案の定、2匹目の巻き上げの最中に、ドラグをいじっていたら痛恨のバラし発生。
せめて、2匹は釣りたいと思っていたので、めっちゃ残念です。

しばらく沈黙が続きましたが、なんとか再度、魚信が来てくれました。
ドラグを固めにして、低速で巻き上げ、突っ込みがあったら竿先を下げていなして、念願の2匹目ゲット!
aP6164141.jpg

aP6164143.jpg
単発の短い時合も終了したようで、5時半にはストップフィッシングとなりました。
堀岡漁港へは6時半頃の到着と成りました。(夕日を眺めながらの帰港でした。)
aP6164146.jpg

本日の調査結果 マダラ2匹とカジカ1匹でした。
aP6164150.jpg
夕食には間に合わなかったので、昆布締めとムニエル用の切り身を冷蔵庫へ入れて終了。

初めてのマダラ釣りに挑戦しましたが、遠い!深い!重い!でした。
(細いライン、軽いおもりでやってみたらいいかも)
さらに、刺身がなんか今ひとつみたいなことがネットに・・・(明日、昆布締め、食べてから判断します)

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ トレーラブルボート釣りへ
にほんブログ村



FC2 Blog Ranking
2013. 06. 10  
アイパイロット報告 (H25.6.8(土)~9(日))

6月1日土曜日に、スズキマリーナ富山さんにアイパイロットの装着をお願いしました。
6月6日水曜日に、見慣れない番号の着信が携帯に残っていて、かけ直すと、伊佳丸さんでした。
「まだ、マダイのノッコミがいけそう」とのこと。

そこで、翌日スズキマリーナ富山さんに電話すると、金曜日には装着が完了しているとの返事で、土曜日に引き取りに行きました。
そこで、マリーナの女性の方いわく、「ぶんぶん丸さんより伊佳丸さんからの電話の方が多かったわよ(3回催促の電話があったとのこと)」

アイパイロットの装着方法とか少し説明をうけて、予行演習をしに漁港へ向かいました。
(フォレストさんが陸上がりしてお話しましたが、轟沈とのこと。)

天気はいいものの、少しだけ強めの北風が吹いていて、絶好のアイパイロット日和?です。
aP6084123.jpg
漁港の外側に出て、アイパイロットを水の中に沈め、さっそくリモコンの「スポットロック」ボタンをオン!

風下に流された舳先が、アイパイロットによって風上に向いて、ピターっと風に立ちました!
aP6084118.jpg
aP6084121.jpg
その後、しばらく様子をみていましたが、完全にポイントロックしています。
天気がいいので、生け簀のふたの上に座って、ながめていました。凄いです!
aP6084115.jpg

その後、伊佳丸さんと連絡をとり、ノッコミマダイをやっつけに下道を通って、一路、姫川漁港へ!
姫川漁港には、としみちゃんの「スプラッシュ」があり、そこで伊佳丸さん、としみちゃん、しげちゃんと合流。

暗がりの中、電灯をともした中、各々が持ち込んだお酒を飲みながら、あーやらこーやらの談義を楽しませてもらいました。
キャンプ以外で、夜に外で酒を飲むのは本当に久しぶりで楽しかったです。

朝も早いということで、その日のうちに宴を切り上げ車中泊。3時半に起床し能生の海水浴場へ。
管理人のおじさん曰く、「ノッコミマダイが、昨日、めちゃくちゃ釣れたよ。マダイなんかおいしくないので釣ってもしょうがないでしょ」とのこと。

これは、期待が・・・ということで、さっそく船を降ろして、最初は魚礁が入った底ものポイントへ。
定置網が入っていない広々とした海は、富山湾にはない全く別世界でした。

早速、アイパイロットでスポットロック! ばっちり効いてます。
イワシを餌に胴付き仕掛けで底もの・・・のはずでしたが、船長は轟沈(^^;)
一方、伊佳丸さんは良型のクロソイ 連チャンでゲット!
aP6094131.jpg
(仕掛けなのか、餌のイワシの大きさか??? と言う感じで、不思議なくらい、船長のしかけには見向きもしてくれませんでした)
そこに姫川漁港からスプラッシュ登場
aP6094128.jpg
朝?1時半から海の上におられたとのこと(^^) まね出来ません。

底ものはそこそこに切り上げて、本命のノッコミマダイです。
先週の爆釣ポイントにさっそく仕掛けを投入!

しかし、待てど暮らせど、生命反応がまったくありません。
少し先に、プレジャーボートの小船団があり、周囲でやってみますが、さあ~ぱりです。

次第に、その船団も一隻二隻といなくなり、遠くから遊漁船が移動してきました。
遊漁船もかなり苦労しているようで、さっぱりみたいです。

次第に北東の風がかなり強くなってきました。
aP6094135.jpg
完全に白波が・・・
aP6094136.jpg
スポットロックが効かなくなってきました。
フル回転の「10」ですが、「ピッ」と音がすると、スポットロックが解除され、舳先が風下に流されてしまいました。

そうこうしているうちに、船長の仕掛けが、船外機のスクリューに巻き付いてしまいました。
船外機はアイドリングでスクリューは動いていないのですが、潮の流れの影響で回転して、巻き込んだようです。

アイパイロットは、船外機のバッテリーに直結してあるので、アイパイロットを停止させた後、船外機も停止させチルトアップしてやっとのことで糸を外しました。
釣り再開ということで、セルを・・・ うんともすんとも言いません(^^;)
アイパイロットがフル回転だったせいか、船外機の発電量だけでは不足して、バッテリーの電気を使っていたようです。

もう一つのバッテリーにつなぎ直すと、エンジンが始動して事なきを得ました。
風が強く、釣りにならないということで終了。残念ながらノッコミマダイの顔を拝むことは出来ませんでした。

陸にあがって、伊佳丸さんにクロソイを分けてもらい帰路につきました。
完全!坊主の結果になりましたが、遠征先を確保できたのが最大の収穫でした(^^)

遠征につきあっていただいた伊佳丸さん、楽しい会話を楽しませていただいた、としみちゃん、しげちゃんに感謝感謝です。
また、よろしくお願いします。

追伸
クロソイを刺身、兜焼き、ざんの味噌汁にして食べましたが、脂がのっていて最高においしかったです(^^)


にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ トレーラブルボート釣りへ
にほんブログ村



FC2 Blog Ranking
2013. 06. 02  
アイパイロット装着をお願いしました (H25.6.2 日)

ミンコタが自宅に到着してから、自分で装着しようか、業者さんにお願いしようか、いろいろ思案にしました。
けっこう、あーやら、こーやら考えたり悩んだりするのは好きなですけど、今回は、業者さんにお願いすることにしました。

全然、予備知識がない上に、高価な精密機械・・・ 自分でやって、海中に没したり、動かなかったり・・・
ということで、スズキマリーナ富山さんにお願いすることにしました。
ドンブラコさんが、NEO374に装着された時、なかなかいい仕事されたとブログに記載があったのが一番の理由でした。

午前中、ぶんぶん丸とアイパイロットをスズキマリーナ富山さんにあずけてきました。
aP6024111.jpg
早く、「装着済みました」の連絡が届くのが楽しみです。
ちなみに、電源は、船外機から直接供給する方式にしてもらう予定です。


にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ トレーラブルボート釣りへ
にほんブログ村



FC2 Blog Ranking
2013. 06. 01  
激しぶ 太刀魚 (H25.6.1 土)

6月になりました。これで今年も折り返し・・・(あと一月ありました)
日の出時間は、なんと4時34分です。ということで、気合い入れて3時半に起床しました。

ミンコタは、残念ながらまだ、箱から出していないので使えませんが、太刀魚狙いです。
海は、すごくおだやで、まさに釣り日和です。

太刀魚狙いの船がすでに浮かんでいましたが、いつもの場所ではなく、一文字寄りでした。
でも、いつもの場所を流すことにしました。

仕掛けは、全く天秤に絡むことなく沈んで行きました。
朝も早いので、浅めの70mくらいから攻めてみます・・・  し~ん
さらに90mから・・・  し~ん
朝から110m?・・・  し~ん

もう太刀魚 いないの?というくらいまわりもさっぱり釣れていません。
時たま、それらしい魚信がありますが、のりません。

いっそのこと120mから・・・  今日、初めての太刀魚ゲットです。
まわりが全然なので、鼻高々です。 えっへん!

でも・・・続きません(^^;)
その後は、ぽつり・・・ ぽつり・・・ ぽつり・・・という感じでした。

暑くもなく、寒くもなく、お日様にあぶられることもなく、海は穏やかで釣果はともかく最高でした。
aP6014104.jpg
食べる分と、少しおすそ分けできるほど釣れたので、早上がりしました。
aP6014108.jpg
午後からの時間が有効に使えてなおOKです。

夏至に向けて日に日にお日様が高くなるので、多分、深い処へ移動する時間帯が早まっているようです。
深めを攻めてみてください。

太刀魚が遊んでくれなくなったら、ミンコタの出番が・・・
その前に、ぶんぶん丸に装着するのが先か(^^)


にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ トレーラブルボート釣りへ
にほんブログ村



FC2 Blog Ranking
プロフィール

ぶんぶん丸船長

Author:ぶんぶん丸船長
引き寄せの法則を信奉し、日々ポジティブ?に

最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム