2013. 10. 20  
釣り三昧(H25.10.19 (土))

先週の神通川河口への単独釣行では、アジシーズンがすでに終了したのか?という貧果でした。そこで、大神楽のメダイ狙いにしようかとも思ったのですが、本当に終了したのかどうか確認したくて神通川河口へ行きました。
今日は、いつものポイントから攻めずに、沖目の船団の中に入ってみることにしました。

船団なので、少し安心感があります。でも、水深が80mと深いので、手がえしが悪いのがいやなんです。
さっそく仕掛けを投入して魚信を待ちますが・・・  やっと上がってきたのは、アマダイでした。やはりアジは終了したのか・・・

船団の中でしたが、我慢しきれずにいつものポイントへ移動。
すると、すぐに入れががり状態でアジが釣れました。なんだ、シーズンは終ってないじゃん(^^)

しかし、やはり時合は長く続きませんでした。アジはやはり群れで回っているようで、それが過ぎ去ってしまうとぱったり釣れなくなりました。

一緒に行った、とおるちゃんはアジが釣れるのに、船長はマダイにアジが混じるという感じです。
船長は、アジが釣りたいのに・・・  何が違うんでしょうか? 仕掛けか棚どりか?

生命反応がなくなったので、アオリイカにチェンジ。前回同様、神通川河口よりの定置網周辺の20mラインを狙って行きました。
一つ目は、岸近くまで深くなっていて、急な駆け上がり状態でした。残念ながら釣れず。
二つ目は、20mラインが広くて、他にアオリイカ狙いの船もおり、イカは釣れていました。当方も2杯、1杯のイカゲット。
網のまわりで、ナブラが立っていたのでジグを投入すると、シイラかと思いましたがフクラギがヒット。でも、フクラギならということで、追加しようと様々なジグを投入しますが、全然反応してくれません。
ジグの色・大きさが合わないようです。多分、小さめのジグがいいような気がします。

海老江沖の最近の船長の鉄板ポイントに移動。先週、入れがかりで7杯釣れたのに、全くの沈黙。生命反応なし。
しかし、その定置網の先端付近では、大きなナブラが立っていたので、再度、ジギング。ナブラの、ど真ん中に投入してもでもなかなかヒットしない中、汗をかきまくってなんとか2匹追加。

爆釣しても、後始末に困るのですが、これだけ反応が悪いと、いろんなジグが欲しくなりました(^^;)
こんな、ことは良くあるので、すこし研究してみたいと思います。

ナブラも散ってしまったので、ジギング終了し、大神楽のメダイ狙いにターゲットを変更することに。
大神楽のには、4~5艘の船がメダイ狙いでいました。

当方も、とおるちゃんが過去にメダイを釣ったという場所で釣ることにしました。
水深、120m 棚は底から10mがとおるちゃんのアドバイス。しかし、釣れたのはミギスでした。船長は、ミギス あまり好きじゃないんですよ(^^;)

水深40~50mラインでは、フクラギが待ちかまえているようで、仕掛け投入の途中や、回収の時にヒットしてきます。
市販のアジの仕掛けはムツ針なので、船長もムツ針で仕掛けを作っているのですが、柔らかくて、フクラギがかかると、針が伸ばされてしまいます。

なかなか、本命のメダイはまわってきません。そこにドリームワンが登場し、さっと、2つ離れた梵天の間に入って、間もなく2人のお客さんにメダイを釣らせているじゃないですか。
さすが、ドリームワン! その側には2艘のメダイ狙いの船がいるのに、釣れてません。何かが決定的に違う様です。
aaPA194502.jpg
そこで、しかられる?のを覚悟で、恥も外聞もなく、ドリームワンのとなりに並んで釣ることに(^^;)
残念ながら、釣れませんでしたが、仕掛けを勉強することができました。
aPA194504.jpg
潮の流れが弱い時(ので)、天秤仕掛けだと・・・  胴付き仕掛けの方が・・・ だそうです。
(たしか、過去に氷見の定置網まわりでメダイを釣った時も胴付き仕掛けだったことを思い出しました)

もう少し、がんばりたかったのですが、魚を捌く時間を考えると、潮時ということでメダイ釣りは終了。
そして、最後に昨年釣れた定置網まわりでアオリイカを狙いましたが惨敗。(今年は、アオリイカの数が少ないです。確信しました)

本日の釣果です。
フクラギ5匹、マダイ10匹、イシモチ1匹、アマダイ2匹、アジ7匹、ミギス9匹、アオリイカ2杯、コウイカ1杯
xxPA194514.jpg
xxPA194513.jpg

結局、たくさん釣ってました(^^;)


にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ トレーラブルボート釣りへ
にほんブログ村



FC2 Blog Ranking



スポンサーサイト
2013. 10. 14  
思い通りには・・・ (H25.10.12 (土)~14(日))

H25.10.12(土)

今日は、下の娘の成人式の前撮りということで、休漁しました。
(天気も海の状況も出撃できないお天気でよかったです。)
前撮りは富山でした。途中、聞いたことのある釣り具屋を通り過ぎたので、帰りに寄ることにしました。

まず、最初は、「アングラーズ富山」です。ダイワの60号の錘の付いたコマセビシ 1,700円で購入。3回ほど前の釣行で、ロックされていない状況で、仕掛けを投入したら、「どぼん」と海の中へ沈んで行きました(^^;)
次は、「釣り具の堀井」です。いろんな釣り具がたくさん売っていました。昔、庄川でウグイやらニジマスを釣るのに使用した、スピナーがありました。船長が使っていたのもありましたが、値札の日焼けの具合からみるとかなり時間が経っている商品のようでした。非常に懐かしかったです。
その他、燻製のチップやら、燻製器など魚に関係するグッズが本当に多種、売ってました。ライフジャケット売り場には、船舶用のライフジャケットがあったので、買いました。(もうじき、ぶんぶん丸は中間検査です。膨張式のライフジャケット持っているのですが、ボンベに使用期限がありそうな感じするので、買いました。

H25.10.13(日)
天気は、良好なのですが、東の方は波が高い(2.5m→1.5m)との予報なので、本当はアジ狙いで出撃したかったのですが、アオリ+ジギングで出撃。
ゲストは、とおるちゃんとこじま~るさん。

最近、調子の良い海老江沖の定置網から攻めることにしました。
そこには、すでに数艘の先客があり、その中にゆるゆる号さんがおられました。

さっそく、エギを投入・・・ 南風が強くて、船がぐいぐい流されてしまいます。時速1.8kmでは底どりが30gのエギでは難しく、さらにポイントからすぐにはずれてしまいます。
沖に視線をやると、明らかにナブラが立っています。ナブラの正体を突き止めるべく、ジギングに変更。

青系のジグを投入しますが、全然反応しません。少しですが、魚信があり、その感触からするとフクラギの様です。まぐれで、1匹ヒットしました。

ナブラが立ち続けるので、ジギングを続けると、シイラがヒットし始めましたが、ペンペンサイズです。1mオーバーのが船の横を通りすぎましたがヒットせず。しかし、それ以下のサイズでしたが、タルカンのフックがのされてジグロストでシイラとのお遊びは終了。
ペンペンシイラ1匹だけ持ち帰りです。(シイラは、近所におすそ分けもできないので、1匹で十分です)

その後、エギングに復帰しますが、ちょ~激渋でした。過去に実績のあった場所をたどって行きましたが、全然ダメダメでした。(でも、ゆるゆる号さんは22杯も釣られたとのこと・・・
今年初めて、こーちゃんが来てくれました。船長は、こーちゃんの目つきの悪さと、肉厚が大好きです
aaPA134493.jpg
ゲスト2人の釣果については、名誉のため触れません(^^)
aaPA134495.jpg
それにしても、厳しい結果となりました。
aaPA134498.jpg
シイラの腹からは、シラスがでてきました。
aaPA134499.jpg

H25.10.14(月)
日本列島は高気圧の真下で、お天気、海の状況ともに良好。ということで、アジ+アオリイカで単独釣行しました。
朝、昨日に引き続き長野県の一郎丸さんが出撃準備をしておられました。

しばし、お話をした後、神通川の河口に向けてフルスロットルです。
神通川河口は、やはり外海の影響を受けているためか、少し大きいうねりが残っていました。

いつものポイントから釣り始めます。マダイは遊んでくれますが、アジは遊んでくれません。沖目の船団の中に入って、アジが2匹釣れましたが、その後は、フグかカワハギがいるのか、魚信なしで餌がとられます。
耐えきれず、元の場所に移動しますが、生命反応なし・・・

アマダイポイントのプチ船団の中に入ると、アマダイがポツポツと釣れるので、アマダイを狙うことに。
どうも、アマダイはあまり移動しないような気がします。釣れたら、もうそこにはいないと判断して少し移動した方が、良く釣れました。

アオリイカは、神通川側から順番に攻めてみました。
定置網ごとに、海底の地形が全然異なっていました。一度、海水がない状態で観察したら、正に峡谷という感じの急峻な地形です。

でも、やはりアオリイカがいたのは、定番の定置網でした。
ほんの、20分ほどでしたが、アオリイカのスイッチが入った状態なのか、群れが回ってきたのかという感じで、入れががりになりました。

ヒットして、巻き上げてくると4~5杯のイカが付いてきているのが視認できました。
エギに付いているイカを水面付近に留め置いて、竿を竿立てに立てて、もう一本の竿でエギを投入すると、今シーズン最大の23cmがヒットしました。

どこまで続くのかと思いましたが、時合はあっという間に終了してしまいました。

その後も、場所を移動しながらイカを探りましたが、結局、追加できませんでした。

納竿して、戻ると、一郎丸さんが船を片付けておられ、しばしお話をしました。新潟の海が荒れたら、また、来られるとのことでした。
ドンブラコさん、フォレストさん、当方にも長野のおみやげをいただきました(^^)

本日の釣果です。(一郎丸さんにイカ2杯 おわけしました)
アオリイカ胴長23cmありました
aaPA144501.jpg

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ トレーラブルボート釣りへ
にほんブログ村



FC2 Blog Ranking



2013. 10. 05  
大潮・・・やっぱダメダメ (H25.10.5 (土))

今日は、大潮です・・・
過去に、大潮に何回も出撃していますが、あまり良い記憶がありません。
でも、海の状況はいいので、出撃しないわけがありません。

今日も、懲りずにアジ+アオリイカ狙いです。
ドンブラコさんも、アジ狙いとのこと。夜間航行灯のないぶんぶん丸は少し遅れて出航。
aaPA054425.jpg
ぶんぶん丸は、毎度毎度のアジ釣りポイントですが、ドンブラコさんは、沖目のマダイ・アジ狙いの船団に合流。
アイパイロットをセットし、早速、釣りを開始すると、  おっ! アジいるじゃん! とアジがコンスタントに釣れ・・・・ませんでした。
朝一のほんの一瞬に時合があっただけで、その後は、体験したことのないような沈黙・・・
aaPA054430.jpg
微妙にフグはちょこっといるみたいで、餌がかじられて上がってきます。
しかし、あれほど馬鹿にしていたカイワリでさえ、遊んでくれません(^^;)

あまりの不調に耐えきれず、ドンブラコさんに電話して、船団に合流するも、お子ちゃまアマダイをゲットしたのみで、早々に元のポイントに戻るもやはり沈黙。
aaPA054428.jpg

そして、アマダイポイントへ移動するも・・・  挿し餌さえ無傷で上がって来ます。全くの生命反応なしです。

しかし、海面はナブラが立って大騒ぎで、サワラが、水面から飛び跳ねまくっています。
aaPA054439.jpg
ジギングロッドを持って来なかったので、ティップランの竿に小型ジグを付けてナブラに投入すると、ヒット!
1匹はなんとかゲットしましたが、2匹目はラインブレークでジグごと持って行かれました。
PE0.6号、ショックリーダー2号なので、しょうがないといえばそうかもしれません。
ジギングロッドを持って来なかったのが残念で残念で・・・

ということで、魚釣りは切り上げ、アオリイカ狙いに変更。
毎度毎度の定置網周辺で、ティップランと行きたいところですが、全然船が流れてくれません。
エギをキャストしてのシャクリです。
しかし、潮が流れていないのにイカの活性は非常に高くて、先週より一回り大きくなったイカが釣れました。
活きのいいアオリイカ・・・ 3m以上も遠い場所からイカスミ攻撃。とおるちゃんのズボンにスミがかかってしまいました。ごめんチャイ(^^;)
aaPA054436.jpg
しかし、イカの高活性タイムも長続きせず、その後、移動を繰り返しましたが、ポツポツと釣れる程度でした。
状況的に先週と違ったのは、庄川の川水の濁りが納まっていました。
去年の実績のあるエリアを流して見ましたが、さっぱりです。

やはり、大潮の日はなぜかダメダメです。
アジを近所に配ることを夢見て、船長の娘も引き連れて出撃したにもかかわらず貧果で終わりました。
本日の釣果です。
aaPA054454.jpg
イカは胴長が21cmになっていました。
aaPA054453.jpg

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ トレーラブルボート釣りへ
にほんブログ村



FC2 Blog Ranking

今日、お会いした皆様
アオリイカポイントの定置網付近で、良型のアマダイゲットされた、フォレストさん。
aaPA054433.jpg

東京からのゲストを同乗してこられた、はなくろさん。
aaPA054435.jpg

生まれて初めてお会いしたムラサキタコさん(^^;)
食べちゃだめオーラ出しまくりでしたよ
aaPA054443.jpg
aaPA054446.jpg
プロフィール

ぶんぶん丸船長

Author:ぶんぶん丸船長
引き寄せの法則を信奉し、日々ポジティブ?に

最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム