2014. 09. 29  
最後に帳尻が合った釣行 (H26.9.28(日))

土曜日は、砺波ロイヤルで芝刈り、日曜日は朝6時から在所の振興会館周囲の美化活動、そして、新湊マラソンの交通規制・・・
出撃できないか・・・と思ってましたが、交通規制が8:45からなので間に合えばということで出撃しました。

いつものアジポイントへ行くと、その沖目に伊佳丸さんがおられました。
釣果はというと、マメアジがうじゃうじゃ、フクラギがうじゃうじゃで、残念ながら良型のアジはゲットならずとのことでした。
その後、マメアジが活かしてあるので、ソイを狙いに再度沖目の方へ移動して行かれました。

フォレストさんも出撃しておられたので、電話で状況をお聞きすると、アオリイカ渋いとのこと。
その後、当方と合流し、パラシュートアンカーで周囲を流し釣りし、アマダイゲットされました。

当方はというと、マメアジ、カイワリ、カワハギ、チビマダイ・・・ 渋い。
粘ってもダメと判断し、アオリイカ狙いに変更。

いつものアオリイカポイントには2馬力ボートのエギンガーが3艘ほど。
その中に混じる形で、当方もティップラン開始。

しばらく、しゃくっていると、さっそくイカが乗ってきました。
お!、いるんじゃね~。とさらにもう1杯追加。

生け簀に魚を入れていたので、バケツに活かしておくことにしました。
バケツに2匹目のイカを入れて、海の水をくんだその時、イカがジェット噴射で、1mくらいの高さまで飛び上がり、海の中にちゃぽーん!
着水したその時、イカと目が合いました。タモ・・・ イカの目がきら~んと光ったような気がした直後、ジェット噴射で帰って行きました。
最後まであきらめてはいけないという教訓を得ました(^^)

アオリイカ4杯、コウイカ1杯を追加したところで、天気予報どおり、はれているものの北風が徐々に強くなり終了。

このままでは、晩ご飯のおかずにちょっと足りないので、フクラギを何としてでも追加したいということで、潜行板を引きずってみることにしました。
帰り道、ずっと引きずってきましたがヒットせず。最後、プチナブラの上を過ぎたその時、潜行板がぷかっと浮いてきました。

お! これはということで、潜行板をたぐり寄せると、フクラギがヒットしていました。
これで、帳尻が合ったので終了。

結局、フクラギ、アジ、タイ、カワハギ、カイワリ、アオリイカ、コウイカの7目釣りとなりました。
aP9285159.jpg
(タイ以外は、すべて刺身になったので、バラエティに富んだ刺身になりました。)
aP9285163.jpg
aP9285164.jpg


にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ トレーラブルボート釣りへ
にほんブログ村



にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
2014. 09. 23  
久々の臨検 (H26.9.23(火))

今日は、久しぶりにピコバスさんが乗船で、そして懲りずにアジ+アオリイカです。
aP9235141.jpg
日曜日は、釣り具店を3軒 はしごして、置き竿でアジが釣れるサビキを買って来ました(^^)
昨日、富山の上州屋にも行ってみたら、なんと、束売りされてました(^^;)

他、いろいろ先週の土曜日の考察をいっぱい思い巡らせながらの釣行です。
さぞかし、アジ爆釣かとおもいきや・・・ 全然 魚の活性がありません。

魚の活性がない・・・ 違いました(^^;) 
イワシとフクラギと海鳥の活性は大変なもんです。正に大騒ぎという感じです。

アジ 釣れないもんだから、フクラギ狙いに少し浮気・・・
ナブラが側に寄ってくるんですもん!

ジギングで、フクラギゲット!
そして、アジサビキでフクラギ 釣れちゃいました。
とりあえず、船の生け簀に入れておいて、後から全部 活け締めしました(^^)
イワシ 喰ってるからサイズはともかく 美味しいもんね~

ナブラも沈黙し、アジ他も沈黙し、魚釣りは早々に終了で、アオリイカにチェンジ。
潮の流れと、風向きが打ち消しあい、船が全く流れません。

縦釣り状態です。結局、ピコバスさん3杯、船長はアオリ1 コウイカ1で終了。
イカの即殺を試してみました。

胴と頭のつなぎ目を指で、ぎゅっとつかむ方法は、即殺にならずスミが出てしまいました。
胴と頭のつなぎ目をイカチョップは、上手く行きました。一発で胴が真っ白になりました。
その上、スミもほとんど出ずで、綺麗にイカ墨の袋を処理することができました。

今後は、釣ったイカは生かしておいて、ある程度たまったら、イカチョップで締めて、墨袋を処理したいと思います(^^)
(コウイカもイカチョップしてみたんですが、甲が邪魔して死にませんでした。コウイカにイカチョップはダメみたいです)

そうこうしている間に、いつの間にか海上保安庁の巡視船にロックオンされてしまいました(^^;)
風向きが反対だったせいで、近くに来るまで全然気がつきませんでした。いつもなら、音で気が付くのですが今回は・・・

移動しようにも、移動できない状況に・・・  「船長さん、船検証と免許証を確認させてください」
aP9235144.jpg
その他、「信号紅炎と浮き輪を確認させてください」
当方:「信号紅炎は携帯電話になってます。浮き輪はこちらにあります」
の簡単なやりとりで、あっという間に久々の臨検は終了しました。
aP9235145.jpg
何か、対応がこれまでと全然違うような感じがしました。気のせいでしょうか? 所長さん異動になられた?

その後、予報どおり北東の風が強くなってきたので、引き返しながら昨年、アオリイカが釣れたポイントを全部探って来たのですが、全くヒットせず。
aP9235153.jpg
今年も、昨年に引き続き、苦戦が予想されそうな感じです。
魚釣って、イカ釣って、暇つぶしに魚釣って、イカ釣ってのパターンで時間つぶしして、イカの群れを待つのがベストかと思います。

帰り支度をしているところに、はなくろさんが来られ、しばし、釣り談義。
西方面でタイラバしておられたそうですが、プチ鯛しか釣れなかったとのこと。その上、ナブラが沸いていなかったので、フクラギもゲットしておられ無かったので、必殺 活け締めのフクラギをおすそ分けしました(^^)

本日の釣果です。
フクラギがいなければ、超~ さみしい釣果となるところでした(^^;)
aP9235158.jpg
結局、晩ご飯は、フクラギとイカの刺身。
そして鯛・アジの塩焼きとフクラギの頭の塩焼き、フクラギの3枚おろしで残った背骨他で味噌汁。
その他、フクラギの切り身は醤油漬けと味噌漬けにしました。

釣果的には、さみしいくらいが丁度の釣果であるな~としみじみ思いました。


にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ トレーラブルボート釣りへ
にほんブログ村



にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking
2014. 09. 20  
たくさん経験しましたよ~ (H26.9.20(土))

先週に引き続き出撃しました。ターゲットはアジ+アオリイカ偵察です。
aP9205122.jpg
朝一は、いつものアジポイントでアジ狙いです。仕掛けを投入して間もなく、アジゲット!~
これはいけるんじゃね~って感じです。

そこに、船長にアジ釣りを教えてくれた師匠が登場!
とたんに、船長にはさぁ~っぱりアジが来なくなって・・・(^^;)

師匠は、アジ釣りまくりです。そして、コマセもまいてない、オキアミもついてないサビキの置き竿にまで良型のアジがのってくるなんて・・・
恐るべし・・・です。

多分、40~50匹 良型のアジを釣られたのではないでしょうか。 一方、当方はというと、2匹(^^;)+α

周りを見るとナブラが沸きまくっています。これは、イワシを喰っているフィッシュイーターの正体を探るべくジギングに変更。
でも、追いかけているベイトが、小さいイワシなのでジグの大きさが合わないので、ヒットさせるのに苦労しました。

すれがかりで上がってきたのは、プチフクラギでした。その後、何回かバイトがありましたが逃げられ、結局2匹ゲットでした。
再度、アジ釣りに戻りましたが、時合いはすでに過ぎ去り・・・ 
しかし、師匠からサビキとアジ仕掛けを譲り受け、次回に使ってみたいと思います。

なぜ、これほどまで釣果に差がついたか?
師匠の船とは5mくらいしか離れていません。

思い当たることがいくつかあります。
エダスを3号から4号に変更し、さらにエダスの長さを30cmから15cmに短くしていたこと。
さらに、ミキスを長くして、エダスの間隔を広げたこと。かと・・・
何が、どう影響するのかまだ解りませんが、多分、これが最大の原因のような気がします。

次回、この経験をもとにして再度 挑戦してみたいと思います。
アジ2匹、プチフクラギ2匹なので、活け締めしましたよ~

その後、アオリイカの偵察です。
なんか、やっぱり1年ぶりのティップランなのでいろいろとコツを忘れています。
でも、いろいろやっているうちに、シャクリ方やリールの巻き方なんか 思い出してきました。

そうこうしているうちに、アオリイカが釣れ始めました。
竿先のもそもそっとした魚信に反応すると、足1本でかかったアオリイカが・・・ よっしゃ~!
アオリイカ ゲット~  で結局 12杯 釣れちゃいました。
aP9205121.jpg
ハプニング発生!
その1
2馬力ボートでアオリイカを釣っておられた方。上手に釣るな~ と感心しながら見ていて、イカが釣れました。
そのイカがその方に向けてスミを噴射したところ、真っ正面からの噴射だったので後方にのけぞったその瞬間、海中に落水されてしまいました。

ありゃ~、落ちたわ! と思って自力で船に上がられるかどうか見ていたのですが、でも、どうにも濡れた体は重く、自力で上がれそうになかったので、ぶんぶん丸に引き上げて自船にお帰りいただきました。
ライフジャケットを装着されていたので、事なきを得ましたが、やはり落水は想定の範囲内にしておかないと事故になるな~と思いました。
ちなみにその方は、ライフジャケットは装着しておられましたよ。

その2
イカ墨かけられてしまいました(^^;)
aP9205116.jpg

北東の風が強くなり始めたところで、アオリイカ偵察は終了し、墨袋対策をためしてみました。
最初、胴の上の部分をハサミで切り、墨袋とワタを一緒に切り離したら、足が取れてしまい、水洗いしたところ足が沈んでいってしまいました・・・

やはり、ユーチューブの墨袋対策をそのまま試してみることにしました。
イカの目と目の間にはさみを突き刺し、締める・・・ なかなか1発で締められません(^^;)
イカ墨噴射~  真っ黒けです。 バケツの中で墨を洗って・・・胴の下側をハサミで開いて墨袋をハサミでチョキチョキと切り離しました。
胴の中は真っ黒けです。しかし、船から身を乗り出して、イカをちゃぷちゃぷと洗うと、すぐに綺麗になりました。

おっ! これはいけるじゃんって感じです(^^)
この方法の最大のコツは、イカが墨を吐かないように即殺することです。
そうすれば、手を全く汚さずに綺麗なイカを持ち帰ることができます。
いずれにしても、ブログのリンク張ってありますので、ご覧下さい。

長野県からはるばる、広宣号さんがこられました。
朝 3時に出発されましたが、道中5時間かかるということで、釣り始めは9時だったとのこと。
アジの時合いはすでに過ぎていたので、フクラギとアオリイカをゲットしておられました。

しばし、釣り談義を楽しまさせていただき、おみやげに、ダートマックスのエギをいただきました。
今日は、アジの仕掛け、サビキ、エギと仕掛けをいただいた特異日となりました。
みなさん、お気遣いいただき感謝申し上げますm(_ _)m

本日の釣果です。
aP9205125.jpg
アジ、フクラギは当然のことながら刺身にしました。
aP9205134.jpg
アオリイカは、船上でイカ墨対策をやってきたので綺麗なもんです。
aP9205129.jpg
aP9205139.jpg
イカは、氷水や氷に直接接触すると、身が白くなってしまうので、ビニール袋に入れて、クーラーボックスのふたで袋をはさんで、直接あたらないようにすると透き透きの身で持ち帰ることができました。


気持ち的には、アジ釣りの考察を試してみたいのですが、十分な釣果を得たので明日は休漁します。
キャッチ&イートがモットーのぶんぶん丸でした。


にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ トレーラブルボート釣りへ
にほんブログ村



にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking




2014. 09. 15  
貧果なれど七目達成 Ⅱ でも丁度 (H26.9.15(月))

3連休の最後の日 どうしようか・・・と迷ってましたが出撃しました。
一昨日、空振りした同じポイントでアジ狙いです。

微妙に潮は動いていて期待が持てそうですが、濁ってはいないものの透明度は低い状態です。
いるのかいないのか? なぜいないのか? 2日で状況は変化するのかしないのか?
結論 変化してませんでした。一昨日よりも渋~~~い。アジたちはどこへ行ったんですか?

アマダイは、微妙に移動すると遊んでくれましたが、アジは・・・ どこ行ったんですか~~~~
状況が良くなる気配がないので、アジ釣りは見切りです。

アオリイカの偵察に変更すると、ピコバスさんがティップラン中。渋いながらも6杯ゲットされたとのこと。
そこでは、船長ゲットならずで、庄川沖の定置網付近で、今年初のアオリイカゲットしました。
aP9155041.jpg
小さいけど連れて帰ります(^^;)
ハサミで、胴を裂いて墨袋を取り出して、潮水でチャプチャプと洗って、ビニール袋へ。
今年は、これを実行して、綺麗に持ち帰ります。参考の動画は、リンク張ってありますのでご覧ください。

その後、エギロストし・・・ 庄川河口沖へ移動すると、アジコクさんに遭遇。
アジコクさんも激渋状態とのこと・・・ みんな調子悪いので安心しました(^^)

アジコクさんとあーやら、こーやら話しした結果、鈴島の定置網方面へ偵察に行くことにしました。
鈴島の定置網付近では、皆さん、しゃかしゃかとジギングしておられました。
水は、すごく綺麗で透き透きでしたが、残念ながら潮がぜんぜん動いていません。

本当に久しぶりの西方面でした。
舞子の定置網はすでに引き上げられていて残っていませんでした。
居場所を失った沖メバルでも釣れないかと、過去に釣れたポイント付近へ移動すると、何かが鰯をチェースししていました。

おっ!これはフクラギならラッキーということでジグを投入すると、久々のヒーット!。
しばらくすると、水面からジャーンプ・・・ペンペンシイラでした(^^;)
aP9155050.jpg
うじゃうやにいました。
これなら、1匹で十分ということで比較的良型なのを活け締め。

ジギングを止めて、オキアミでメバル狙いで・・・ ゴンゴンと魚信が・・・
う~ん 何かな・・・? オニカサゴでした。
aP9155042.jpg
船長は、あまりオニカサゴが好きではないので、写真撮影だけで、アジコクさんに贈呈。
オニカサゴって、頭ばかりでかくて、うまくさばけないんです(^^;)

その後、アオリイカの鉄板ポイントで偵察しているとき、久しぶりに、はなくろさんにお会いしました。
お子ちゃまのゲストを乗せて、キス釣りだとのことでした。なかなかのイケメンのお子ちゃま達でしたよ(^^)

ということで、一昨日に引き続き、貧果なれども七目釣り達成でした。
aP9155057.jpg
帰ってから、晩ご飯の準備。

アジ:刺身 シイラ:3枚におろしてムニエル。 何か脂がのってて美味しそうなので一部刺身。いやいや~美味しかったです。 アオリイカ:当然、刺身。チビのくせに肉厚でした。
aP9155059.jpg
アマダイ:少し凍らせて真空パックシール。カサゴとヒラメは明日塩焼きで晩酌のお供。で、なんかすごく丁度の釣果となりました。

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ トレーラブルボート釣りへ
にほんブログ村



にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

釣った、アオリイカの墨袋の処理を船上でしているんですが、どうも、墨袋の墨がアレルギー反応してるようで、素手で触ると皮膚が痛がゆくなります。帰ってからすごく楽なんでど、チューリップフィンガーにつづく、イカフィンガーになるんでないかと・・・・ 

飛行船 飛んでました。
aP9155053.jpg

2014. 09. 14  
貧果なれど七目達成(^^;) (H26.9.13(土))

3連休の初日というか、この3連休はいずれも好天なので出撃しました。ゲストはヤスさんです。
aP9135019.jpg
ターゲットは、アジ他+ちょっとだけアオリイカ偵察です。
(本当に久しぶりのドンブラコさんが来られました。)

準備を整え、いつもの新港沖のポイントへ直行。近いのであっという間に到着です。
aP9135023.jpg
仕掛けを投入して、いつもの様に誘いを入れ・・・  仕掛けを投入して、誘いを入れ・・・

ぜ~んぜん ダメダメです。本当にダメダメです。
いつもなら、最初のうちはこんな感じなんですけど、時合いというか、コマセが効くというか釣れるようになるんですが(^^;)

一緒に釣っていた、ドンブラコさんもたまらず海老江方面へ移動して行かれました。
でも、せっかく粘ってポイント作っているんだから我慢我慢で釣り続けましたが、ぽつ~り、ぽつ~りとしか釣れません。

さすがに我慢の限界となり、海老江方面のアマダイポイントへ行って見ることにしました。
1匹 アマダイ釣れましたが、活性は低く釣果の追加にはほど遠い状況でした。

アオリイカ、試してみましたが、船長のイカ探も今一つ反応なし・・・(ヤスさんは1杯釣ったので、いるようです)

途中、ダメ元でジギングもやってみましたが、反応せず。
ということで、いろいろ試してみた後、再度、戻ってきて魚釣り再開です。

朝から、アンカリングして粘っておられた晴海丸さんも結局その後もダメダメとのこと。
しかし、場所をプチ移動しながら釣ってみたところなんとか釣果を伸ばすことができました。

正体不明の餌取りがいて、その正体はカワハギでないかと思われました。そいつの写真です。
aP9135018.jpg
カワハギ釣ってやろうかこのやろ~ って感じです。

本日の釣果です。
イシモチ、レンコダイ、アジ、アマダイ、ホウボウ、カワハギ、イワシと七目釣りとなりました。
aP9135025.jpg
いつもと比較すると、貧果でしたが晩ご飯の食卓をにぎわすにはちょうどでした。
アジは塩焼き、イシモチ、レンコダイ、アマダイは刺身(刺身の残りは昆布しめ)、刺身で出た骨・頭は味噌汁。
アジは何をして食べても美味しいし、調理が楽!、イシモチはぱっと見 気持ち悪いけど脂がのっていて刺身最高。
アマダイは、刺身+鱗付きの皮の唐揚げ、塩焼き最高(他の魚と違って身が緻密なんですよ)という感じで、当分このパターンをやめられません(^^)

<真空パックシーラー編>
おすそ分けするには、大きさ、数がいまひとつの時、塩焼き用にパックシールしています。
袋の中の空気を抜いて、自動でシール(熱で袋を溶かして密封すること)。魚が触れる空気が少なく冷凍焼けしにくいのと、袋が密着して、かさばらないので冷凍ストッカーが整理されすごく重宝しています。 
ただ、少しだけコツがいります。
水分が多いと、脱気の時に水を吸い上げ、うまくシールができません。
水分を少し凍らせてから脱気+シールをすると綺麗にできますよ(^^)
aP9135029.jpg
aP9135034.jpg
おすそ分けするのも便利です(^^)

追伸
千葉にお住いの親戚の皆様、いつもブログをご覧いただき感謝申し上げますm(_ _)m

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ トレーラブルボート釣りへ
にほんブログ村



にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

富山湾の釣りと富山の海洋深層水

船長は、今、海洋深層水の担当をしています。
今週の水曜日に、首都圏からのバイヤーを招いての商談会に、深層水協議会として出展するので、その準備として入善町と滑川市にある海洋深層水の取水施設に水をくみに行ってきました。

300m以上の深いところから深層水をくみ上げて、原水、脱塩水、濃縮水に加工されて、いろんな分野で利用されています。
aP9124958.jpg
aP9124993.jpg
aP9125003.jpg

詳しくは富山県深層水協議会のホームページをご覧ください(^^)

入善町の海洋深層水利用施設
aP9124950.jpg
aP9124959.jpg
aP9125005.jpg

滑川市  アクアポケット
aP9125007.jpg
aP9125009.jpg
aP9125013.jpg
aP9125014.jpg



2014. 09. 06  
釣りパターン完成 (H26.9.6(土))

時の経つのは早いもので、とうとう9月になってしまいました。それに伴って、日の出時刻も5時半です。
今日は、お天気・風向きともにばっちりで、ゆっくりモードで釣りができそうな感じです。
aDSCF0556.jpg
コマセにオキアミブロックを買ってくるのですが、1個丸々だと多すぎるので、のこぎりでぎこぎご切り分けて使っているのですが、のこぎりの歯が詰まってしまい、切るのに時間がかかってこれがけっこうしんどい作業なんです。
どうにか、楽にできないかと思案した結果、ドリルで等間隔で穴を開けた後に出刃包丁で割る方法を思いつきました。

ホームセンターで長いドリルの歯を買って来て早速試して見たところ、ばっちり上手く行きました(^^)
そして、そのままクーラーボックスに入れておいて、釣り始める時には半解凍状態になっていて、新鮮そのもののオキアミでした。

挿し餌にする分だけをざるに入れ、バケツに浸して解凍。これもばっちりでした。
船長が使っている仕掛けは5号のフロロカーボン約1ヒロ半にイカピンを3個付けて、そのイカピンにハリス3号15cmほどのエダスを付けています。
イカピンを使うとハリスが撚れたりしたときにすぐに交換できるのが便利です。

挿し餌は、コマセの中から大きめのものを拾い出して使っています。
そして、仕掛けを投入して着底後、約2m巻き上げてしばらく仕掛けがなじむのを待って、約30cmほど誘いを入れてやる。というパターンです。
挿し餌は、約3~4分しか持たないので、かごには2振り分ほどしかオキアミを入れません。ですから、オキアミの消費量は微々たるもんです。
オキアミは、つぶの若干大きめの700円くらいのを購入しています。

オキアミは温度があがると劣化してくるので、小さいクーラーボックスの中に入れておくと、最後まで鮮度ばっちりです。
というパターンが完成しました。
aDSCF0565.jpg
これからは、アオリイカシーズンに突入するので、オキアミブロック6分の1分割を持参し、アオリイカ+魚で釣行しようと思います。

アオリイカ 少し試してみましたが、残念ながらヒットしませんでした(^^;)
鉄板ポイントにも行ってみましたが、誰もいませんでした。果たして今年はどんな感じなんでしょうか?
aDSCF0559.jpg


にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ トレーラブルボート釣りへ
にほんブログ村



にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

沖に目をやると、見たことのあるでっかい客船が・・・
aDSCF0558.jpg

北海道へ行っていた飛鳥Ⅱのようです。定期便じゃないですよね?
プロフィール

ぶんぶん丸船長

Author:ぶんぶん丸船長
引き寄せの法則を信奉し、日々ポジティブ?に

最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム