2009. 10. 23  
富山湾海洋資源調査報告(メダイ他5目釣り・エチゼンクラゲ先遣隊)

今日は久しぶりの富山湾の海洋資源調査です。
5時15分に氷見の矢田釣具店に集合し、いつもの「えばた丸」に乗船し底物資源調査へ氷見漁港から出発。
aPA234880.jpg

行き先は、大境方面、イワシ・アジの生き餌があるので期待が持てます。

天気はいいのですが、ピッチの短い、高いうねりが南西方向からおしよせてくるので、えばた丸といえども波しぶきをあげながらの航行です。

調査開始まもなく、カサゴが釣れ、後が続かないので、ポイントを移動しながらの調査。あまり、爆釣とはいかない雰囲気が漂い始めました。
その後、トラギス、トラギス、カイワリ、トラギスとさっぱりです。

仕掛けを回収する時、電動リールを早巻きするのですが、それに、青物が反応し、フクラギが2匹、カツオが1匹と、底物調査のはずが、青物調査になってしまいました。

インチクとジグを持って来ていたので、ジギングを試してみることに。
潮の流れが非常に速く、ジグが着底するまでにかなり流されました。

潮が流れているため、ジグがうまく泳いでいるのが感じられます。約100mの底からじばらく巻き上げた時、ズドーンとアタリが。

いつもジギングに使っている竿が、満月になり、スピニングリールのドラグが悲鳴を上げて糸が出て行きます。

竿をしゃくっても全然上がって来ません。ひざを使って竿を少しずつ少しずつ引き上げたところ、ようやく魚影が見え始め、タモですくってもらい船上に引き上げるとそれは、良型のメダイでした。(刺身・昆布締め・味噌漬けの焼き魚 いずれの食べ方をしても美味しいなので、うれしくてうれしくて・・・・)

良型のメダイが釣れたので、時間はまだ9時前ですが、気持ち的に調査は終了し、その後は全く釣れませんでした。

他の隊員もあまり調査結果は良くなく、良型のオニカサゴ1匹、キジハタ1匹、マゴチ1匹が目を引いたくらいでした。

氷見沖の定置網へ移動した時、海面に直径1m弱のエチゼンクラゲの先遣隊を発見。
ついに富山湾にも侵入開始です。

エチゼンクラゲの生態
エチゼンクラゲは、上海の沿岸付近で発生し、その場所ではあまり大きくなりません。
上海の内陸部で大雨が降り、濁った雨水が海に流れ込むと、沿岸付近にいるエチゼンクラゲを沖に流し、対馬海流に乗せてしまうと大型化します。

天敵がいないのと餌が豊富にあるのとで、どんどん大型化しながら対馬海流にのって北上します。

定置網に入ったエチゼンクラゲは、その重さで定置網を破ってしまうことや、毒をもった触手で、定置網の中の魚を刺し、商品価値を著しく下げてしまいます。

エチゼンクラゲは南方系のクラゲなので、北海道の冷たい海に到達すると死んでしまい海底に沈んでいきます。

海底に沈んだエチゼンクラゲは、ズワイガニなどの餌となることから、カニの成長にはプラスの要因として働くようです。
aPA234888.jpg
aPA234892.jpg
aPA234896.jpg
aPA234902-.jpg

本日の調査結果です。
aPA234910.jpg
うちの飛鳥(ウエルシュ・コーギー・ペンブローク・トライ)は魚が大好きです。
トラギスをやると頭からがりがりとかじって、瞬く間に食べてしまいます。
aPA234911.jpg
aPA234927.jpg
にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

スポンサーサイト
NEXT Entry
アオリイカ釣れずにコウイカ
NEW Topics
メバル釣れました (H29.4.22(土))
強風で釣りにならず (H29.4.16(日))
タイラバでブリ ゲット (H29.4.8(土))
ホタルイカ プチわき (H29.3.25(土))
いろんな意味で満足 (H29.3.18(土))
残念釣行  (H29.3.5(日))
初釣行  (H29.2.4(土))
インフルエンザに注意! (H29.1.28(土))
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぶんぶん丸船長

Author:ぶんぶん丸船長
引き寄せの法則を信奉し、日々ポジティブ?に

最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム