2010. 01. 10  
イカ釣り・・・空振り (H22.1.10)

ヤフーの釣り情報では、天気:みぞれ~曇り 波0.5m 風:西北西1mということで、氷見沖までイカ釣りにいくつもりで家をでました。

 海に着くと、北東の風が強く、うねり+先のとがった波が立って、とてもじゃないが出撃できる状態じゃありません。
 しかし、天気図は等圧線が広がっているので、この強い風は一時的なものではないかということで、車の中でラジオを聴きながら待つことに。

 すると、その予感は的中し、風向きがかわってきた途端に風がやみました。
 とりあえず、風が止んだので出撃したのですが、ピッチの短いうねりがひどく氷見沖までは行ける状態ではないので、庄川河口でタチウオ釣りに変更です(サバの切り身持参してましたから)

 タチウオ釣りの船は少なく、うねりもひどかったのですが、仕掛けを投入。うねりがあるので、パラシュートアンカーは投入せずに、船を操船しながらの釣りです。
 遊魚船もいたのですが、さっぱりの様子。こちらも、魚信もなくさみしい釣りです。
aP1105358.jpg
 時間をもてあましてきたので、サバの切り身を海鳥たちにふるまってやることに。するとあたりはうみどりだらけになって、船を移動させると、後ろを編隊をくんでついてきます。1回だけ、手から直接やることに成功しました。
aP1105488.jpg
 つりを終了して、港にもどることにしたのですが、結局、港の中までお見送りいただきました。
aP1105492.jpg
本日の釣果です(^^;)
 明日の、お天気は今日同様、釣り日和のようなので?、イカ釣りにリベンジします。(でも、午後からは在所の総会があるのでそこそこにして帰ってきます。

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ
にほんブログ村

左義長(さぎちょう) H22.1.9
刈り取り跡の残る田などに長い竹を三四本組んで立て、そこにその年飾った門松や注連飾り、書初めで書いた物を持ち寄って焼く。その火で焼いた餅を食べる、また、注連飾りなどの灰を持ち帰り自宅の周囲にまくとその年の病を除くと言われている。また、書き初めを焼いた時に炎が高く上がると字が上達すると言われている。BYウイキペディア

 在所で、左義長がありました。児童クラブの父兄が準備されます。
 竹を切りだして、先端を番線で縛り、ロープを使ってたち上げます。その中に豆がら・ワラなど良く燃える物を詰め込みます。

6年生がたいまつを使って火をつけると、瞬く間に燃え上がり、火柱があがります。
aP1095260.jpg

aP1095274.jpg

aP1095299.jpg

aP1095301.jpg

そこに、書初めで練習した紙を竹の先端に縛りつけ、燃やすと、勢いよく舞い上がります。(児童クラブのみなさんごくろうさまでした(^^)
aP1095333.jpg
炎の騎士 降臨!
aP1095340.jpg

スポンサーサイト
NEXT Entry
イカ 登り調子か?(H22.1.17)
NEW Topics
メバル釣れました (H29.4.22(土))
強風で釣りにならず (H29.4.16(日))
タイラバでブリ ゲット (H29.4.8(土))
ホタルイカ プチわき (H29.3.25(土))
いろんな意味で満足 (H29.3.18(土))
残念釣行  (H29.3.5(日))
初釣行  (H29.2.4(土))
インフルエンザに注意! (H29.1.28(土))
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぶんぶん丸船長

Author:ぶんぶん丸船長
引き寄せの法則を信奉し、日々ポジティブ?に

最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム