2011. 01. 11  
初めての鯉料理 (H23.1.11 火)

今日 職場関係の方から、鯉と鮒をいただきました。
でも、船長は鯉とか鮒を料理したことがありません。

というか、庭の池では、鯉やらその他雑魚を飼育しています。(黒い鯉ばっかりですけど)
ですから、食べる対象というよりは、ペットに近い感覚があります。

とはいうものの、いただけるということで、生きた状態でもらいました。
しかし、鮒は生きていましたが、鯉はご臨終状態でした。
aP1110080.jpg
鮒は、池に放流しましたが、鯉は食べることにしました。
鯉の料理方法は全く知りません。  よって、ネットで検索することに。

鯉のあらい、鯉こくなどが出てきました。
今から、鯉のあらいを作って食べる元気もないので、鯉こくに挑戦することにしました。

まず、うろこを落としました。びっくりするくらい、大きいうろこでした。
そのあと、腹を開き、内蔵を取り出しました。

鯉の内臓には、「苦袋」というのがあって、傷つけると苦くて大変なことになるとの説明が・・・
でも、そんなの見たことないので、おっかなびっくりです。

途中、生のわたを少しなめてみたりしながら、さばきましたが、結局、苦くなかったので成功したようです。
川魚はカルシウムが少ないので、骨が柔らかいと思っていたのですが、ものすごく固くて往生しました。

大鍋に、多めの水・酒・生姜・味噌を入れて、煮立ってから、ぶつ切りにした切り身を投入して、アクをすくいながら約30分煮込みました。
aP1110084.jpg
川魚の臭いがするのではと、イカの昆布締めで一杯やっていましたが、どうにも、食べてみたくなり、試食しました。
aP1110088.jpg

いやいやいや、これは旨い!  微妙に鯛の雰囲気がありました。
泥臭さも全く無く、味噌汁も最高でした。

身にもっと味が染みこめばさらにおいしくなると思い、味噌と白菜を加えさらに煮込みました。
味噌仕立てで、こんなにおいしくなるとは・・・

何か、鯉コクパワーがみなぎって来ました。どうしましょうか

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ トレーラブルボート釣りへ
にほんブログ村



FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
NEXT Entry
風雪により休漁 (H23.1.16 日)
NEW Topics
大アジ釣れて季節が切り替わった!(H30.7.14(土))
遠征3(マダイ) (H30.6.30(土))
遠征2(マダイ) (H30.6.23(土))
久しぶりの遠征でマダイ (H30.6.16(土))
完全フカセで数釣り&カヤックデビュー(H30.6.2~3(土・日))
マダイ・レンコダイ・アマダイゲット(H30.5.27(日))
フィッシングカヤックとラパン(H30.5.19(土))
この季節にチカメキントキって?(H30.5.12(土))
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぶんぶん丸船長

Author:ぶんぶん丸船長
引き寄せの法則を信奉し、日々ポジティブ?に

最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム