2012. 09. 29  
鬼と金棒(H24.9.29 土)

やっと、待ちに待った週末がやってきました。アオリイカは大きくなっていることでしょうというこで、アオリイカ狙いで出撃しました。
本日のゲストは、しょーごさんと、とおるさんです。

今日の潮の具合はというと  大潮で
干潮  7:57  20:38
満潮 14:01

朝一で、先週の午後からの爆釣ポイントにはいりました。しか~し、全然気配がありません。
何回かその周辺を流しますが・・・ 今ひとつです(^^;)

その後というと、ポイントやらエリアを移動しながらの釣りになりました。
その、激渋状態の中で、しょーごさんだけは、イカをつり上げて行きます。

しゃくり方・竿・エギ・ラインの組合せが、どーも 船長とかとおるさんとは違うようです。
しゃくりは、まね出来ません・・・ 鬼のしゃくりです。  そして、アオリイカが興奮するエギ・・・金棒(かなぼう)
まさに、鬼に金棒です。
ついには、百円ライターみたいなイカまで釣れてしまいました。(さすがにお帰りになられましたが)
aP9293485.jpg
その間、他の2人は、思いつくいろいろなことを試してみますが、さぁ~ぱり・・・
船長は、途中で戦意喪失というか、タバコを吸いながら二人の釣りを眺めていました。

鬼が、調子のよい金棒をロストして、釣れなくなる? と観察していましたが、やはり鬼です。金棒が変っても鬼は鬼です。
ばんばん つり上げて行きます。 やはり、アオリイカの釣果は、これまでのシャクリの回数に比例しますね~

話しは変って、ぶんぶん丸は、FRPの劣化で、イカのスミがつくとなかなかとれません。
よって、船上でのイカスミ攻撃は御法度です。

イカスミ・・・ イカを怒らせると噴射します。よって、怒りに我を忘れているオームの様なイカを船に上げてはいけません。
警戒色になっていない、透明なイカをそ~っと抜きあげ、手にとり、胴を逆さまにして胴の中の海水を抜き、そして、そ~っとクーラーボックスの中に。
そうすると、クーラーボックスの中もスミだらけにならずに済みます

なのに・・・ とおるさんは、イカに怒られ、船長に怒られ・・・ まあ、イカの気持ちがわかる様になるにはもうしばらくかかるかな?
aP9293499.jpg
aP9293487.jpg
あと、船長はイカ釣りはへたくそですが、イカの気配はわかるイカ探の能力があります(^^)

あちこち、場所をかえながらイカを釣っているところへ、ドンブラコさんから電話がかかり、かなり爆釣とのこと。すでに50杯近く釣ったとの情報。
さっそく、庄川河口の定置網から、海老江沖の定置網にいるドンブラコさんの処へ、ほぼマックススピードではせ参じました。

ドンブラコさんは定置網付近を流しておられました。
ぶんぶん丸も、同じように流してみましたが、船が定置網に沿って流れないのに、定置網付近にイカ・・・ しょっちゅう行ったり来たりで大変でした。

そこで、実験ということで、定置網から離れた場所で船を流し、ティップランをやって見ることに。
時間は、1時少し前、ついに時合がやって参りました。

いままで、釣れなかった船長にもイカが乗ってきます。
活性がすごく高く、エギにイカをのせ損なって、フォールすると必ず乗ってきました。
aP9293503.jpg
おまけに、ビッグなコウイカ 良型のキジハタがボーナスに釣れてしまいました。(釣りの神様は、いるみたいです(^^))帳尻を合わせてくれました。
aP9293501.jpg
いつまでも、続くかと思われた時合も、やはり終了するようで、1時半過ぎにはパタッっと魚信がとまってしまい、蛍の光が・・・
十分にイカを釣ることができたのと、長時間の釣りで疲れてきたので終了~(でも、ドンブラコさんやはなくろさんが継続)

本日の釣果は、アオリイカ19杯(MAX胴長20cm)、コウイカ(胴長20cm)キジハタ33cmでした。
aP9293505.jpg
コウイカとキジハタは刺身にしました。
アオリイカはすべて、横浜さんとロックハンドさんへ発送
aP9293511.jpg
横浜さんとロックハンドさんへ連絡事項
胴の上の方から皮をむくと、刺身になります。
食べきれないイカはそのまま冷凍にして、解凍すれば刺身で食べられます。
同梱の昆布の上にイカの刺身をのせ(昆布をイカで挟む)(イカを昆布で挟むと昆布の味が勝ってしまう)ラップして冷蔵庫に。
おいしいよ~  あと、生姜も同梱してあります。

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ トレーラブルボート釣りへ
にほんブログ村



FC2 Blog Ranking

今日勉強したこと。
潮が流れないとき、縦釣りで、バーチカル

時合は、やはり干潮・満潮の1時間ほど前に来る。

船上でのスミ対策
 イカを取り込むとき、怒らせてはいけない。
 そ~っと水面から抜き上げ、胴の水を逆さまにしてぬく
 水をぬいたら、そ~っとクーラーボックスへいれる(クーラーボックスは汚れません)

調理の時のスミ対策。
 綺麗に持ち帰ったイカも、最後に墨袋を破ってしまうとシンクの中は大変なことに。
 墨袋は、腹側(下)にあるので、腹側を上にして胴の中にある墨袋を確認しながら、破らないようにキモといっしょに抜き取る。(料理用のハサミあった方がいいです)
 ボールなどの容器に、ハサミを使って、ワタと墨袋を足と切り離す。
スポンサーサイト
NEXT Entry
時合の仮説・・・振り出しに(H24.10.6 土)
NEW Topics
GPSに異常事態発生!!!(H29.11.3(金))
魚釣り→アオリイカのリレー釣行 4(H29.10.21(土))
魚釣り→アオリイカのリレー釣行 3(H29.10.8(土))
魚釣り→アオリイカのリレー釣行2 (H29.9.30(土))
魚釣り→アオリイカのリレー釣行(H29.9.23(土))
赤いのと黒いの釣れました(H29.9.9(土))
とりあえず釣果報告 (H29.8.13(日))
アマダイばっか・・・(^^) (H29.8.5(土))
Comment
横浜無事届きました
ありがとうございます。横浜さん今朝9時に無事届きました。処理も済み、後は夜を待つだけ。
結果はSKYPEで!
イカの気持ちは
昨日は、船上も顔も髪の毛も墨だらけになりました。
髪の毛にまとわり付いたイカ墨、最悪でした。
憎むべきイカの体は白くなっていましたが・・・
修行が足らず、イカの気持ちと乙女心は判りません。
(^_^;)
No title
昨日は当たり日だったみたいですねー
みなさんの立派な釣果を見るたびに修行不足を痛感します。自分もなんとかつ抜けしたので良かったです。

にしても、、、、

家中イカくさい(泣
No title
海との葛藤もありつつ、禁漁直前のイワナと戦いに行きましたが、
大水?で沢が半分埋まっていて、ルアーを引けず寂しい帰還に。

夕食は山の幸の予定でしたが、先週釣らせてもらった海の幸に登場頂きました。

イカは保存の手軽さも魅力ですね。
渋いと言っても!!
ぶんぶん丸船長へ

いつもブログを見ながら、ウラヤマシイ釣果を拝見させていただいております。
今回は渋いというスタートということでしたが、最後は地合いが来てしっかり釣られましたね!
MAX胴長20㎝は大きい!
タモの出番ですね。
今年まだ一匹もアオリを釣っていないので、10月は必ず行きます。平日なんですが3、4日の予定で頑張りたいと思っております。
は、早くアオリが釣りたい!!!!
No title
昨日はありがとうございました。
結局また、はなくろさんに勝てませんでした。
富山県西部のアオリ鬼は赤ジャンかはなくろさんですねっ!!
No title
横浜さん
さすが、クロネコヤマトの宅急便です。前日、18:30に持って行って、翌日9:00に到着するとは・・・ クロネコ恐るべしです。
スカイプ見ました。 横浜のいもうとさんのイカ刺しの盛りつけは、イカへの愛が感じられました。イカもよろこんでいることでしょう(^^)

ゆるゆる号さん
船長は、キャッチ&イートがモットーですので、釣った後の調理方法も釣りの大きなウエイトを占めます。
イカを、怒らせたまま死なせると、墨袋が開いたままとなり、濃厚なスミがだだ漏れとなるので、墨袋の口を閉めた状態で、眠るようあの世に行ってもらうとことがスマートかと思います。
イカの胴を開かずに墨袋だけを取り除くのは、すごくむつかしかったです。まさに手術道具が必要かという感じでした。(でも、これが出来れば、新しいブログネタになるような気がするので、挑戦してみます)

トオルさん
激渋の中、お疲れ様でした。
家中、イカくさいって・・・?
アオリイカの鬼を相手にしてはいけません!
人間は、鬼になれません。別の生き物ですから(^^)

ピコバスさん
渓流釣りは不発でしたか。
確かに、イカは冷凍保存が効きますが、船長は保存しないようにしています。
毎週、釣りに行っているので、「冷凍ストック=旬じゃない」の法則で、すべて放出することにしました。
ただ、近所へのおすそ分けも、気をつかう時代で、調理直前まで捌いてでないと、喜ばれない時代になっているので、いろいろ考えながらの釣行です。
いずれにしても、キャッチ&イートをモットーに楽しみましょう(^^)

JUN 広宣号さん
富山湾のアオリイカは潤沢にいますから、ご安心を!
満潮・干潮の90分前付近が勝負なので、がんばってください(^^)

しょーごさん

毎度、毎度の賑やかしい釣行は楽しかったです。
鬼のみなさ~ん、釣りすぎに注意してください(^^)
   
No title
文才のあるぶんぶんさんの釣行記
今回の釣行記も楽しく読ませて頂きました
鬼と金棒のたとえ話・・笑ってしまいました
とおるさんも、イカと船長にダブルで怒られ、災難でしたね
私の場合、ボートにワックス掛けを施している事もあり
多少・・付いたイカスミを放置しておいても、帰宅してから
ホースで洗い流せば、綺麗に流し落とせます。
なので、アオリシーズン前のワックス掛けをお勧めします。


No title
ドンブラコさん

神と言ってしまうと、何か遠い感じがするので、やはり鬼ということにしておきます。
船のワックスのアドバイス・・・確か去年も聴いたような気がします。なかなか、そこまで手が回らなくて(^^;)
飲み会
 会社の飲み会アラピアにて10月20日企画、船長翌朝のイカ釣りあるとは思いますが御出席いかがでしょうか。
No title
まさやんさん

お誘いありがとうございます(^^)
お返事は、ほくえいブログにしておきました。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぶんぶん丸船長

Author:ぶんぶん丸船長
引き寄せの法則を信奉し、日々ポジティブ?に

最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム