2013. 06. 23  
大ダコと格闘 (H25.6.22(土))

今日は、雨・曇・晴れの混じった(午前中は雨、午後から回復、西風・東風)天気予報の中での出撃となりました。
朝一は、まさに波もなく、ほぼべたべた状態でした。この状況なら、先週のマダラポイント(約24キロ)まで30分あまりで着ける
という感じでした。

庄川河口から、沖に進路を勧めると、どうも青物がいるようでした。
ナブラがわいているわけではないのですが、魚があちこちで飛び跳ねています。
少し、寄り道ということで、ジグを遠投してアクションをつけて引くと、さっそくヒット!

正体は、サワラでした。けっこう良型で脂ものっていそうなサイズ。これは、4~5匹は持って帰ろうということでしばらくジギングタイム。
魚がどんどん移動するので、船で群れを追いかけてはジグ投入という感じでした。

船にサワラを抜き上げると、口の中からは4~5cmのイワシが出てきました。

今回の釣行・・・ 実は活け締め用の道具を持参していました。
釣ったサワラの眉間に、ざっくりと千枚通しのような道具を突き刺し、即殺!
エラの上の方の薄い膜をナイフで切り、海水を入れたバケツに入れ、放血!
放血が終了したら、頭部にあけた穴から、ワイヤーを背骨に通して、活け締め完了!

思いの他、簡単に活け締めすることができました。
背骨にワイヤーが通った時、死んでいる?魚が、びくびく!っと動くとなぜか、「ぞわぞわっ」とするのは何故でしょう。

ということで、活け締めをしたサワラ6匹ゲット。
再度、マダラポイントに向け出発。(途中、いけどもいけどもサワラが大騒ぎ状態でした)

延々と走り続けて、到着すると、海の状況は一変!
南東の風が強くなって、白波が立ち始め、さらに雨もついてきました。

ミンコタは、フルパワーの10で、ポイントロックが解除されるような状況に・・・
こんな遠いところまで来たのに、なんですか~ このお天気は~
帰ろうかな? という考えが頭をよぎりましたが、こんな中、ひどい目にあいながら帰るのもどうか?ということで釣りを続けることに。

そうこうしているうちに、西の空が明るくなってきました。ラッキーって感じです。
aP6224152.jpg

最初、100号の錘を使ってみました。120mくらいまでは、すんなりと仕掛けが落ちていくのですが、そのあとが遅くて遅くて・・・
ということで、やはり深場の釣りは180~200号の錘が必要です。

仕掛けを海底までしずめ、底をとりながら、流しづりしました。
すると、マダラのごつごつっという魚信があり、マダラゲット!
さらに、もう1匹追加しましたが、マダラの時合は、2匹で終了しました。
(マダラも、当然、活け締めしました。やみつきになりそうです)

その後、ミズダコタイムに突入!

仕掛けが、なんとなくもたれるように重くなり、リールを巻くと何かがくっついている感触。
ミズダコです。最初、電動リールで巻き上げたのですが、途中でバラシ。

次は、絶対に手巻きで、回収してやる思っているところへ、再度、ミズダコがかかりました。
それがそれが、ものすごく重いんです。
竿を、じんわりじんわりと上げた分、50cmずつくらいしか上がってきません。これは絶対にブログネタのタコだと思い、30分ほどかかって、3mまで寄せてきたとき、痛恨のバラシです。
精根尽き果てるとはこのことでした。

気を取り直して、再度、仕掛けを投入すると、また、ミズダコ来ました。
2回も途中でバラして少し投げやりになっていたので、電動リールで巻くと上がってきました。
途中、バラしたような感触があったのですが、再度ハリがかりした手応えがあり、めでたくミズダコゲットとなりました。
aP6224161.jpg
この重さで、こんなに大きいミズダコなんですかから、さっきのは、多分たたみ一枚分の大きさがあった気がします。(オーバーです?)

午後からは、在所の皆さんと、氷見の民宿にいくことになっていたので、10時半ころにストップフィッシングし、帰路につくことに。
南東の風の影響で、スピードが25キロほどしか出せません・・・ (全然景色がかわらないので、途中、少しいやになりそうでした)やはり、24kmは遠かったです。(特に帰り)
(消費したガソリンは約16リットル  燃費は3km/㍑ でした)

帰路の途中、後ろから、黒い怪しげな雲が追いかけてきました。
aP6224167.jpg
雲の下は、明らかに土砂降りの様子。さらに、竜巻も発生しそうな雰囲気までありました。
aP6224171.jpg
aP6224173.jpg
船をトレーラに乗せ終えた頃に、大粒の雨が降ってきて、ラッキーでした(^^)

本日の釣果 マダラ2匹 サワラ6匹 ミズダコ1匹
aP6224178.jpg
さて、このミズダコ いかがしたもの・・・ ということで、アジコクさんに連絡をとると、捌き方を伝授してもえることになりました。
船長の自宅で、刺身の作り方を教えてもらいました。教えてもらったというより、ほとんどやってもらいました(^^;)
ありがとうございました(^^)


にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ トレーラブルボート釣りへ
にほんブログ村



FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
NEXT Entry
キス釣りとタコリベンジ (H25.6.29(土)~30(日))
NEW Topics
GPSに異常事態発生!!!(H29.11.3(金))
魚釣り→アオリイカのリレー釣行 4(H29.10.21(土))
魚釣り→アオリイカのリレー釣行 3(H29.10.8(土))
魚釣り→アオリイカのリレー釣行2 (H29.9.30(土))
魚釣り→アオリイカのリレー釣行(H29.9.23(土))
赤いのと黒いの釣れました(H29.9.9(土))
とりあえず釣果報告 (H29.8.13(日))
アマダイばっか・・・(^^) (H29.8.5(土))
Comment
No title
タコはいいですね~
サワラはともかくタコは家族にも喜ばれるのでうらやましいです。
今日、Jマリンの社長にタラジギ聞いたら、120gくらいのジグでPE08で釣れるそうです。
詳しい釣り方聞いて、Pも教えてもらうことに。
「手巻きで頑張ろうっと!」と言ったら、
「やめとかれ・・・」と諭されました(苦笑)
土曜の雨は凄かったですね〜
私も大泊で帰るか悩んでいました

タラ私も釣ってみたいです
No title
はなくろさん

タコ・・・ 仕掛けにかかってから重いだけですが、途中でのバラシが多いので、逆にはまりそうです。
マダラ 130~240mの底釣りは疲れます(^^;)

航陽丸さん
当方、実はすごい雨に遭遇していないんですよ。
風はそれなりに強かったですが、雨降ってきたな~という程度でした。
でも、写真に撮りたくなるほどの雨雲でした。
タラ釣りは、タコと合わせて、しばらくやってみようと思ってます。また、情報交換しましょう
No title
10kgオーバー ?
凄いな~
水タコのお刺身美味しいですよね。
私も処理の仕方知りませんが(^_^;
それにしても真鱈と水タコ!!
大泊が益々魅力的になっています。
No title
タコ!いいな~。
そんな深い所に棲息して居るんですね~。
タコも、たこ焼きも、タコせんべいも大好き!!?
アマダイ釣りで、掛かった事有りますがとにかく旨い!
今度ゴム製カニの付いたタコ仕掛け沈めて見まわ。
No title
どんな仕掛けで3度もアタックしてきたんだ?

俺の知ってるタコ釣り師は、専用の洗濯機があるんだよ。
タコを入れて洗濯機回してヌメリ取るの^^

ヌメリ取りが大変なんだよね~。
ともかくオメデトウ!!♪
No title
ゆるゆる号さん

直前にバラしたタコがあまりに大物だったので、釣り上げた時「ふ~ん」と思いましたが、写真に撮ってみるとでかかったです。
タコの足と頭の刺身は、一瞬、イカ?って思いますが、うまみはタコの方が少し上という感じでした。
太いタコの足の皮を剥ぐのは、大変コツが必要でした。
深い海には、未知の生物が・・・  
アイパイロット様様です。

フォレストさん
タコの仕掛けじゃないんです。
胴付きの2本針にかかってくるんです。
餌はサンマの切り身ですけど・・・
仕掛けを、底に這わせるようにたるませると、たちまちタコがのって来る感じでした。
これからは、でかいタコは顔だけ拝んでお帰りいただくことにします。だって、食べきれないんですもの(^^;)
さっと、さばけるようになればいいんですけど

伊佳丸さん
仕掛けは、胴付き二本針にサンマの切り身です。
体のどこかにハリがかかりしてると思うんですが、ハリに対して、タコの体が大きすぎて、身切れしてしまうんだと思います。
でも、あのバラしたタコを絶対に釣り上げてみたいと思います(^^)
タコの足の皮を、ぴゅ~っとむける様になれば、いい食材なんですけどね。ゆでだこだと、とてもじゃないですけど食べきれません。
No title
早速、手前船頭での真鱈ゲット、おめでとうございます。
遊魚で釣らせてもらった時とは、また違う満足感があったのでは?と思います。
しかし・・タコは、大きいですね
たこ焼きにすると、何個分? (笑)
今度、釣り上げて、食べる事に困ったら連絡下さい
パイレーツに伺います 
No title
ドンブラコさん

アイパイロットの初釣果は、マダラでした~(^^)
深場の釣りはやはりアイパイロットがないとできません?
よく働いてくれました。
逃がしたタコは、この倍以上の重さがありましたよ。
この次、タコが釣れたら、ご連絡申し上げますね(^^)
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぶんぶん丸船長

Author:ぶんぶん丸船長
引き寄せの法則を信奉し、日々ポジティブ?に

最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム