2008. 11. 02  
フクラギがいなくなりサワラですかい!!(H20.11.2)
aPB022091.jpg
aPB022094.jpg
aPB022108.jpg
秋の終わりのお天気は変わりやすく、3連休のうち、今日の午前中だけが良かったようです。
でも、変なうねりが来たり、風が強く白波が立ったりと、状況判断に気を使う釣行です。
aPB022111.jpg
氷見沖では、青物狙いの遊漁船が船団をつくっていましたが、いまひとつのようでした。
(前日、友人のI井氏が底物狙いで遊魚船で出撃したのですが、イワシの生餌だったのに貧果だったとのこと)
私は、前回の釣行の反省の下、50ポンドのリーダーにジグとアシストフックを直結して、フクラギ狙いに氷見沖の定置網付近へ直行。
ジグを投入して間もなく、魚信があり、ヨッシャーとばかり引き抜くとそれはフクラギではなくサワラでした。(秋にサワラがつれるのはいいのですが、フクラギ食べたかったのに・・・・)
その後、中層付近でサワラが、表層でメジマグロが釣れ、フクラギが結局つれずじまい。
フクラギは、定置網を離れ、ブリになるための修業に旅立ちました。
aPB022129.jpg
aPB022128.jpg
新湊漁港の外側では、「寄り回り波」の被害を防ぐために、大型のテトラポットを積みなおしていました。
aPB022133.jpg
aPB022135.jpg
港の入り口は、まだ修理が行われていません。こんな大きなケーソンが波の力でずれるのですから寄り回り波の力はおそるべきものがあります。(この被害は、2008.2.24日のものです。)
寄り回り波とは、波長が非常に長いうねりです。
詳しくは、グーグルで、「富山湾 被害 波」で検索するとヒットします。
aPB022141.jpg
港の中は、サヨリ狙いの家族連れで満員です。小さかったサヨリも大きくなっています。3ケタに簡単に手がとどきそうなくらい良く釣れていました。
aPB022147.jpg
本日の釣果です。
メジマグロは、ねぎと一緒にたたきにして食べるのが最近のマイブームです。
サワラは今、考え中です。(3枚におろして冷蔵庫の中でまっています)
にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
スポンサーサイト
NEXT Entry
災い転じてクロダイ(38cm)ゲット!
NEW Topics
メバル釣れました (H29.4.22(土))
強風で釣りにならず (H29.4.16(日))
タイラバでブリ ゲット (H29.4.8(土))
ホタルイカ プチわき (H29.3.25(土))
いろんな意味で満足 (H29.3.18(土))
残念釣行  (H29.3.5(日))
初釣行  (H29.2.4(土))
インフルエンザに注意! (H29.1.28(土))
Comment
立派な魚ですね
 ひまじんが釣っている小魚と違い、大きいですね。
サワラは岡山にいたころ、刺身でよく食べました。
身は柔らかいのですが、脂が乗って美味しかったですよ。
 それにしても、怖ろしい波ですね。
こんな中、出漁するのですか。ひまじんは数分で船酔いします。
サワラの歯はするどくて、5号のナイロン糸だと、ジグをまきあげるときには糸が切られています。今回は、50ポンドのリーダーをつけていたので切られませんでしたが、良く見るとぼろぼろになって、切れる寸前でした。
サワラは、一番大きいものは刺身、他は、3枚におろして塩コショウしてバターで焼いてたべました。私も美味しいさかなだとおもいます。(さばきやすいし)
寄り回り波は恐ろしい力をもっています。(うねりの親方)
かつて、台風一過のうねりの中、フクラギを釣りに出撃したことがあります。
うねりは、船が上がったり、下がったりするだけなのですが、テトラポットのところでエネルギーが爆発します。
うねりの最高点にいるとすごくまわりが見渡せるのですが、底に入るとまわりが見えなくなります。もし、波頭がくずれてきたら、あの世行きでした。
船をトレーラーに積む時も、ひどい引き波に船をもまれて、船底が傷だらけに。
でも、釣果はばっちりでした。(無理は厳禁です)

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぶんぶん丸船長

Author:ぶんぶん丸船長
引き寄せの法則を信奉し、日々ポジティブ?に

最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム