2009. 05. 06  
富山湾海洋資源調査結果報告(H21.5.4)

本日は、職場関係の皆さんと約1ヶ月ぶりの富山湾海洋資源調査です。
お天気は、風・波ともにまったく無く、調査日和です。

調査につれて行ってもらったのは、毎度の「えばた丸」さんです。
早朝5時に「矢田釣具店」に集合して、釣り座をあみだくじで決定してから氷見漁港へ移動です。

この日は、幸運にもイワシの生餌がいました。
漁港内のイケスからイワシをイケスに移し変え、いざ、ポイントへ出航です。
(5月2日、釣りマスターのH野さん達が海洋資源調査に出航していたので、海洋資源が枯渇しているのではないかと大変心配な調査です。)
aP5044177.jpg
氷見漁港のまん前の定置網付近でさっそく調査開始です。
すると、まもなく、同船していた調査隊員は次々と、オニカサゴ・キジハタを釣上げます。
次の写真は、その調査結果です。
aP5044183.jpg
N村隊員は、オニカサゴを7匹も釣上げ、そのほかキジハタ・大タコを釣るなど海洋資源を枯渇させる勢いで爆釣です。(その隣で竿を出していた船長はとほほです)
aP5044174.jpg
aP5044175.jpg
aP5044186.jpg
aP5044187.jpg
aP5044185.jpg
ぶんぶん丸船長は、自前のしかけがへたくそだったせいか、オニカサゴ1匹釣れたきりで、N村隊員のそばで、イワシの海水浴です。(いやになるくらい暇で暇で)
aP5044212.jpg
まさに、写真のオニカサゴのような状態です。

そこで、いろいろと、ハリスやら針やらをとっかえひっかえして、ハリスを4号から3号に、針を硬めのメバル専用針に交換したところ、オニカサゴの良形をたちどころに2匹ゲットしました。(やはり、ハリスは細くなければ駄目だと実感しました)
aP5044220.jpg
今回の海洋資源調査は、10~15cmのイワシの生餌だったためか、大型のキジハタ・オニカサゴが大漁でした。
教訓 その①大きな餌には大きな魚  その②ハリスは細め その③竿は長めの胴調子
    その④針は硬めのメバル針
感謝の辞   えばた丸様いつもありがとうございます。

オニカサゴ3匹は、料理方法をブログで調べて、①刺身②昆布締め③煮付け④胃袋・きもの煮付け⑤ヒレの干し物(ヒレ酒用に乾燥中)にしてすべていただきました。良型3匹でちょうどでありました。(底物は大きくなるのに時間がかかるので3匹がよいのです)

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
スポンサーサイト
NEXT Entry
海洋資源調査のその後
NEW Topics
魚釣り→アオリイカのリレー釣行 4(H29.10.21(土))
魚釣り→アオリイカのリレー釣行 3(H29.10.8(土))
魚釣り→アオリイカのリレー釣行2 (H29.9.30(土))
魚釣り→アオリイカのリレー釣行(H29.9.23(土))
赤いのと黒いの釣れました(H29.9.9(土))
とりあえず釣果報告 (H29.8.13(日))
アマダイばっか・・・(^^) (H29.8.5(土))
今年初のアオリイカ ゲット (H29.7.30(日))
Comment
おにかさごは何が一番うまかった?
おい、い〇〇〇。
オニカサゴはどの料理法が一番うまかった?

おれ、先月からまた中国にいるんだが(今度は大連に3年)、
この町、ソイやアイナメ、カサゴが結構つれるらしいんだよ。

せっかく、海の町にいるのだから、俺もボート買って
釣りをやろうかと考えているってわけさ。

(そーいや、今、大連におたくの大将来てるね)
ossann久しぶり!
ossannひさしぶりやね(^^)

そうかぁ 今 中国におるんやね。
あいかわらず、いろんな所へ仕事へいってるねぇ。

オニカサゴの料理方法はグーグルで検索して調べたら
うろことエラ以外はすべて食べられると書いてあったので、
気合入れて料理したよ。

①定番の刺身
②刺身の昆布締め
③半分に割ったあたま、とか、刺身をとった残の煮付け
④肝の煮付け
⑤干したむなびれと尻びれで作ったひれ酒

おいしかった順番は
⑤ ② ③ ① ④

最近、ブログの更新ごぶさたしてるけど、釣りはとりあえず行ってます。
ただ、カレイばかりですこしネタギレです。

それでは、健康に気をつけてガンバって釣りしてください
また、見に来てください(^^)/








Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぶんぶん丸船長

Author:ぶんぶん丸船長
引き寄せの法則を信奉し、日々ポジティブ?に

最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム